タイトル画像

K #7「Key」

2015.02.09(21:00) 1298

KTV - 01 (1)

以下略。
それでは宜しければ続きからご覧ください。


KTV - 07 (1)KTV - 07 (4)KTV - 07 (6)
KTV - 07 (7)KTV - 07 (8)KTV - 07 (9)
KTV - 07 (10)KTV - 07 (11)KTV - 07 (12)
KTV - 07 (13)KTV - 07 (14)KTV - 07 (15)
KTV - 07 (16)KTV - 07 (17)KTV - 07 (18)
KTV - 07 (19)KTV - 07 (20)KTV - 07 (21)
KTV - 07 (21)KTV - 07 (23)KTV - 07 (24)
KTV - 07 (25)KTV - 07 (26)KTV - 07 (27)
KTV - 07 (28)KTV - 07 (29)KTV - 07 (30)
KTV - 07 (31)KTV - 07 (32)KTV - 07 (33)
KTV - 07 (34)KTV - 07 (35)KTV - 07 (36)
KTV - 07 (37)KTV - 07 (38)KTV - 07 (39)

シロを早計に討つことはしないと宣言するクロに、
例の如く頬を染めて乙女モードに入るシロの図。
ただまぁ、そんな素敵な雰囲気も無粋な乱入者によって掻き乱され、
今度は”セプター4”の包囲網からのリアル脱出ゲームが始まります。
逃げ出していたネコが戻ったことで幻術が復活し、彼我の戦力差をカバー。
その一方で敵の指揮官 兼 現場の最高戦力である淡島は、
クロが佩刀を抜くことなく圧倒して力の差を見せつけます。
ていうかクロ、そこまで強かったんですね。
流石に両陣営の王よりは弱いとの事ですが、ナンバー2よりは上位とは。
腰に下げている刀を抜いたら王に比肩するくらい強くなったりするのかしら。
抜けない事情があるみたいなので、その想像は詮無きことですが。

KTV - 07 (40)KTV - 07 (41)KTV - 07 (42)
KTV - 07 (43)KTV - 07 (44)KTV - 07 (45)
KTV - 07 (46)KTV - 07 (47)KTV - 07 (48)
KTV - 07 (49)KTV - 07 (50)KTV - 07 (51)
KTV - 07 (52)KTV - 07 (53)KTV - 07 (54)
KTV - 07 (55)KTV - 07 (56)KTV - 07 (57)
KTV - 07 (58)KTV - 07 (59)KTV - 07 (60)
KTV - 07 (61)KTV - 07 (62)KTV - 07 (63)
KTV - 07 (64)KTV - 07 (65)KTV - 07 (66)
KTV - 07 (67)KTV - 07 (68)KTV - 07 (69)
KTV - 07 (70)KTV - 07 (71)KTV - 07 (72)
KTV - 07 (73)KTV - 07 (74)KTV - 07 (75)
KTV - 07 (76)KTV - 07 (77)KTV - 07 (78)
KTV - 07 (79)KTV - 07 (80)KTV - 07 (81)
KTV - 07 (82)KTV - 07 (83)KTV - 07 (84)

想像するまでもなく、宗像との直接対決では普通にボコられました。
というかこの世界における能力者の強さって何なんでしょうね。
ここの戦闘だと、宗像もクロも能力を使わず体術のみで戦ってますが、
この場合は能力の強弱ではなくて、単純にスキルの差で圧倒されてるんですかね。
それとも能力に応じて身体能力が強化されてて、クロでは王に勝てないのか。
何にせよフルボッコにされて押し倒されたクロですが、
そんなピンチをシロとネコの合わせ技に助けれられて3人仲良く宗像から逃走成功。

KTV - 07 (85)KTV - 07 (86)KTV - 07 (87)
KTV - 07 (88)KTV - 07 (89)KTV - 07 (90)
KTV - 07 (91)
KTV - 07 (92)KTV - 07 (93)KTV - 07 (94)
KTV - 07 (95)KTV - 07 (96)KTV - 07 (97)
KTV - 07 (98)KTV - 07 (99)KTV - 07 (100)
KTV - 07 (101)KTV - 07 (102)KTV - 07 (103)
KTV - 07 (104)KTV - 07 (105)KTV - 07 (106)
KTV - 07 (107)KTV - 07 (108)KTV - 07 (109)
KTV - 07 (110)
KTV - 07 (111)KTV - 07 (112)KTV - 07 (113)
KTV - 07 (114)KTV - 07 (115)KTV - 07 (116)
KTV - 07 (117)KTV - 07 (118)KTV - 07 (119)
KTV - 07 (120)KTV - 07 (121)KTV - 07 (122)
KTV - 07 (123)KTV - 07 (124)KTV - 07 (125)

どこをどう通ったのか、街中の人気のない路地にてようやく一息。
そこでずっと不審な行動と態度をとっていたネコを問い詰め、
ようやく解けなかった謎の1つが明かされました、まぁ途中からバレバレでしたが。
ただまぁ、ネコがずっと周囲に対して記憶改変をリアルタイムで行っていた事より、
問題はその更に前、何やら怪しげな男に蹴落とされるシロの記憶。
それでも色々とツッコミどころは多いですが、この謎は次回以降へと持ち越しで。
取り敢えず大空からフリーフォールして、倉庫の天井破って墜落したんですよね。
良く死なないものだ、これが主人公補正というやつでしょうか。

以上、一連の事件の裏側を覗きこむ端緒を掴み、ここから解明編が始まります。
ありがとうございました、次回も宜しくお願いします。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<K #8「Kindling」 | ホームへ | K #6「Karma」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1298-91cbd30c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)