タイトル画像

K #2「Kitten」

2015.02.04(21:00) 1292

KTV - 01 (1)

以下略。
それでは宜しければ続きからご覧ください。



KTV - 02 (1)KTV - 02 (2)KTV - 02 (3)
KTV - 02 (4)KTV - 02 (5)KTV - 02 (6)
KTV - 02 (7)KTV - 02 (8)KTV - 02 (9)
KTV - 02 (10)KTV - 02 (11)KTV - 02 (12)
KTV - 02 (13)KTV - 02 (14)KTV - 02 (15)
KTV - 02 (16)KTV - 02 (17)KTV - 02 (18)
KTV - 02 (19)KTV - 02 (20)KTV - 02 (21)
KTV - 02 (22)KTV - 02 (23)KTV - 02 (24)
KTV - 02 (25)KTV - 02 (26)KTV - 02 (27)
KTV - 02 (28)KTV - 02 (29)KTV - 02 (30)
KTV - 02 (31)KTV - 02 (32)KTV - 02 (33)

最初の出会いが殺伐としていたので意外でしたが、
この白黒コンビの関係性も中々面白いですね、シロは命懸けでしょうけど。
というかこんな可愛い、天然でふわふわしている雰囲気を全身から醸し出しているくせに、
意外と策士で機転も利くとは珍しく思えます、クロが馬鹿なだけって話もありますが。
遺書もどきの落書きも含めて演出自体が結構コミカルに仕上がっていて、
シロに騙されたと気づいた時のクロの立ち姿なんか堪りませんね。

にしても猫は常にシロと一緒ですね。
この猫も今回であっさり正体がバレるわけですけど、いやぁ、面白いです。
最初は只のマスコット程度かと思っていただけに、こういう裏があるとわかると楽しい限り。
シロ、クロ、ネコ、誰が一番可愛いんでしょうかって感じ。

KTV - 02 (34)KTV - 02 (35)KTV - 02 (36)
KTV - 02 (37)KTV - 02 (38)KTV - 02 (39)
KTV - 02 (40)KTV - 02 (41)KTV - 02 (42)
KTV - 02 (43)KTV - 02 (44)KTV - 02 (45)
KTV - 02 (46)KTV - 02 (47)KTV - 02 (48)
KTV - 02 (49)KTV - 02 (50)KTV - 02 (51)
KTV - 02 (52)KTV - 02 (53)KTV - 02 (54)
KTV - 02 (55)KTV - 02 (56)KTV - 02 (57)
KTV - 02 (58)KTV - 02 (59)KTV - 02 (60)
KTV - 02 (61)KTV - 02 (62)KTV - 02 (63)
KTV - 02 (64)KTV - 02 (65)KTV - 02 (66)
KTV - 02 (67)KTV - 02 (68)KTV - 02 (69)
KTV - 02 (70)KTV - 02 (71)KTV - 02 (72)
KTV - 02 (73)KTV - 02 (74)KTV - 02 (75)

猫が本当に姿なのか、女の子が本当の姿なのか、
前者だったら全然いいんですが、後者だった場合はかなりヤバいですよね。
猫モードで歩き回っている時は全裸なわけですから、痴女全開です。
まぁ勿論衣装も含めて変身というか幻術かな、調整は出来るんでしょうけど、
ここでわざわざ全裸で添い寝している辺り、普段も全裸なんでしょうね、感覚的には。
ていうか巨乳ですね、キャラデザ自体がそういう方向なのか、巨乳だらけな作品。

あと学園島に入る為、委員長に便宜を図って貰って深く感謝をするクロが可愛いです。
「当たり前の事を当たり前に出来る事が凄い」
というクロは見た目に似合わず心根が素直な良い子なんですね。
だからこそ見た目に似合わず性格が歪んでいるシロに簡単に振り回されているんですが。
そういったコンビでのギャップも良いところ。
コンビというか、そこにネコが加わっての三竦みといった様相か。

KTV - 02 (76)KTV - 02 (77)KTV - 02 (78)
KTV - 02 (79)KTV - 02 (80)KTV - 02 (81)
KTV - 02 (82)KTV - 02 (83)KTV - 02 (84)
KTV - 02 (85)KTV - 02 (86)KTV - 02 (87)
KTV - 02 (88)KTV - 02 (89)KTV - 02 (90)
KTV - 02 (91)KTV - 02 (92)KTV - 02 (93)
KTV - 02 (94)KTV - 02 (95)KTV - 02 (96)
KTV - 02 (97)KTV - 02 (98)KTV - 02 (99)
KTV - 02 (100)KTV - 02 (101)KTV - 02 (102)
KTV - 02 (103)KTV - 02 (104)KTV - 02 (105)
KTV - 02 (106)KTV - 02 (107)KTV - 02 (108)
KTV - 02 (109)KTV - 02 (110)KTV - 02 (111)
KTV - 02 (112)KTV - 02 (113)KTV - 02 (114)
KTV - 02 (115)KTV - 02 (116)KTV - 02 (117)
KTV - 02 (118)KTV - 02 (119)KTV - 02 (120)
KTV - 02 (121)KTV - 02 (122)KTV - 02 (123)

委員長の案内で男子寮に辿り着き、目が合ったシロとクロの表情の差が味わい深い。
そこからの追いかけっこは一晩中かかってましたね、一体何をしてたんだか。
クロの顔に無情な落書きが沢山あるので、相当仁義なき戦いが繰り広げられたと想像。
単純な戦闘能力だけならクロがダントツでしょうに、どうやったんだか謎です。
そういえば最初シロの部屋に侵入時の、ネコの裸身に対する反応の温度差が、
シロとクロの純粋さの差を表していますよね、クロは基本的にいじられ役。

にしてもクロの顔の落書き、良い言葉を呟きながら良い表情で目を閉じた時の、
まかさの不意打ちは反則ですよね、声出して笑いました。
他の顔の落書きは意表を突けば仕込めるかもですが、
目を閉じた時の瞼に落書きするには寝ている間とかしか無理ですよね。
まさかクロロホルムとかで眠らせて描いたんでしょうか、恐ろしい戦いです。
そこから何故か遊び疲れてお料理教室が始まってますが、
戦いを通じて仲良くなったのかな、はれて3人パーティーとしてここから再出発。

以上、主人公チームが結成されてこれからの戦いに対する準備が整いました。
ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<K #3「KItchen」 | ホームへ | K #1「KnIght」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1292-6dc7e29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)