タイトル画像

K #1「KnIght」

2015.02.03(21:00) 1291

KTV - 01 (1)

今回は唐突に「K」の記事を書いていきます、本当に唐突に。
アニメを一気に観て記事をザクザクと書いていった方が効率的なんですよね、
スピード的には1日3~4記事分くらいは進むので、
追い付くまでは暫くアニメ記事ばかりになりそうです、すみません。
何かリクエストあれば行ってくださいませ、とはいえ今更な作品ばかりなので、
内容的には期待に応えられそうもないですけどね。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



KTV - 01 (2)KTV - 01 (3)KTV - 01 (4)
KTV - 01 (5)KTV - 01 (6)KTV - 01 (7)
KTV - 01 (8)KTV - 01 (9)KTV - 01 (10)
KTV - 01 (11)KTV - 01 (12)KTV - 01 (13)
KTV - 01 (14)KTV - 01 (15)KTV - 01 (16)
KTV - 01 (17)KTV - 01 (18)KTV - 01 (19)
KTV - 01 (20)KTV - 01 (21)KTV - 01 (22)
KTV - 01 (23)KTV - 01 (24)KTV - 01 (25)
KTV - 01 (26)KTV - 01 (27)KTV - 01 (28)
KTV - 01 (29)KTV - 01 (30)KTV - 01 (31)
KTV - 01 (32)KTV - 01 (33)KTV - 01 (34)
KTV - 01 (35)KTV - 01 (36)KTV - 01 (37)

友達が何人か騒いでいたので、存在だけは知っていたんですが、
丁度引っ越してきて落ち着く前、アニメを見づらい環境になった頃の作品だったので、
私は全然、タイトルだけで中身に全く触れてこなかったのですが。
昨年の夏の劇場版あたりでやたら薦められていた事が、
半年以上経過した今になってようやく実を結んだ格好になるのか、何なのか。
友達からも「今更かよwww」って言われてますが気にしない。

で、肝心要の本編の内容に入っていくんですが。
第一印象としては、思っていたよりもポップで軽妙な感じだなぁというのが1つ。
もっと重苦しくてアングラな雰囲気の作品を想像していただけに、
こんな行動的なノリなんだと知って正直びっくりしてました、冒頭から。
その中でも櫻井さんが訛っている事が一番の驚きだったでしょうか。
キャラだけはリクエスト貰って描いたことあるんですが、
あの時は普通の眼鏡と煙草のイケメンだと思っていたら、意外な魅力が付随。
やはり原作をきちんと観るべきですね、キャラを描く時は。

KTV - 01 (38)KTV - 01 (39)KTV - 01 (40)
KTV - 01 (41)KTV - 01 (42)KTV - 01 (43)
KTV - 01 (44)KTV - 01 (45)KTV - 01 (46)
KTV - 01 (47)KTV - 01 (48)KTV - 01 (49)
KTV - 01 (50)KTV - 01 (51)KTV - 01 (52)
KTV - 01 (53)KTV - 01 (54)KTV - 01 (55)
KTV - 01 (56)KTV - 01 (57)KTV - 01 (58)
KTV - 01 (59)KTV - 01 (60)KTV - 01 (61)
KTV - 01 (62)KTV - 01 (63)KTV - 01 (64)
KTV - 01 (65)KTV - 01 (66)KTV - 01 (67)

先程のシーンでの戦闘演出も綺麗だったんですが、
そもそも全般的に効果や美術方面が非常に綺麗だなぁというのが良いところ。
ただまぁ、雰囲気作りで画面に妙なエフェクトがかかっているのか、
パンアップのシーンの画像を1繋ぎにしようとすると色彩接続が難しいのが若干不満。
そんなの、こうして記事を書く際に画像載せる人だけのマイナスポイントなんですけどね。

で、この白髪の少年が本作の主人公。
飄々として捉えどころのない腹ペコキャラで猫とクラスメイトに好かれる羨ましいやつです。
それに恋しているんだか、放っておけないんだか、お弁当持って追いかける子がヒロインかな。
ここまでは普通の幸せな学園生活なんですが、当然このまま幸せでいられるわけもなく、
ひょんな事から依頼されたお使いで街に出かけた主人公は事件に巻き込まれていきます。
それはさておき、個人的にはヒロインの子よりも隣にいる前髪ぱっつんの緑がかった髪の子、
この子が物凄い好みで困るんですがどうしたらいいでしょう。
表情も素晴らしいですし、制服の上からでも主張が激しいお胸をお持ちですしね。
どう考えてもモブでしかないのが悲しいですが、是非とも今後の出番を願う次第。

KTV - 01 (68)KTV - 01 (69)KTV - 01 (70)
KTV - 01 (71)KTV - 01 (72)KTV - 01 (73)
KTV - 01 (74)KTV - 01 (75)KTV - 01 (76)
KTV - 01 (77)KTV - 01 (78)KTV - 01 (79)
KTV - 01 (80)KTV - 01 (81)KTV - 01 (82)
KTV - 01 (83)KTV - 01 (84)KTV - 01 (85)
KTV - 01 (86)KTV - 01 (87)KTV - 01 (88)
KTV - 01 (89)KTV - 01 (90)KTV - 01 (91)
KTV - 01 (92)KTV - 01 (93)KTV - 01 (94)
KTV - 01 (95)KTV - 01 (96)KTV - 01 (97)
KTV - 01 (98)KTV - 01 (99)KTV - 01 (100)
KTV - 01 (101)KTV - 01 (102)KTV - 01 (103)
KTV - 01 (104)KTV - 01 (105)KTV - 01 (106)
KTV - 01 (107)KTV - 01 (108)KTV - 01 (109)
KTV - 01 (110)KTV - 01 (111)KTV - 01 (112)

ボーイ・ミーツ・ガールならぬボーイ・ミーツ・ボーイ。
街中で姿を補足され、冒頭で大暴れした炎の集団”吠舞羅 ほむら)”に付け狙われ、
逃げ出した先で出会ったのは、自分の白髪とは対照的な黒髪の少年。
トリモチみたいな便利そうな能力で主人公に襲い掛かる火の粉を振り払い、
見事脱出したと思ったら今度はその黒髪少年が白髪少年に刃を向けるという謎展開。
曰く、数日前に発生した殺人事件の被疑者に顔がそっくりだとか。
こうして出会ってしまった二人の少年を中心に物語が大きく動き出す、というのが第1話。

そんな事より気になるのは先程のクロ(黒髪)がシロ(白髪)を救出したシーンなんですけど。
状況についていけずに呆然と立ち尽くすシロをクロが抱き寄せたところで、
何故かシロが物凄い少女漫画ちっくな頬の染め方をするんですが・・・・・・。
シロってもしかして性別は女の子だったりするのでしょうか、声優さんは完全に男性ですが。
それとも見たものをそのまま判断して、一部の女性の方に大人気な展開と捉えていいのかしら。
思えば私にこの作品を薦めてきた友達らも大体そっち系の人ばかりでしたね、
当時の推奨理由ももしかしたらこの辺りにあったのかと思ってしまいます。
まぁ、良いと思いますけど。

以上、まだまだプロローグが終わった程度、これから楽しい冒険の始まりです。
ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<K #2「Kitten」 | ホームへ | 刀剣乱舞の記録 2:審神者、順調です>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1291-f4fcb15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)