タイトル画像

メカクシティアクターズ act.6「ヘッドフォンアクター」

2015.01.22(21:00) 1281



メカクシ6 (1)

例の如く、前文は省略体制で。
ちゃんと毎日更新していれば1日1つくらいは語るネタもあるんですが、
流石に突貫工事で1日に複数記事を上げていると、
ここで話すネタもそうそうないのでこうしてコピペでご勘弁くださいませ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



メカクシ6 (2)メカクシ6 (3)メカクシ6 (4)
メカクシ6 (5)メカクシ6 (6)メカクシ6 (7)
メカクシ6 (8)メカクシ6 (9)メカクシ6 (10)
メカクシ6 (11)メカクシ6 (12)メカクシ6 (13)
メカクシ6 (14)メカクシ6 (15)メカクシ6 (16)
メカクシ6 (17)メカクシ6 (18)メカクシ6 (19)
メカクシ6 (20)メカクシ6 (21)メカクシ6 (22)
メカクシ6 (23)メカクシ6 (24)メカクシ6 (25)
メカクシ6 (26)メカクシ6 (27)メカクシ6 (28)
メカクシ6 (29)メカクシ6 (30)メカクシ6 (31)

さぁさぁ、お待ちかねの”ヘッドフォンアクター”です。
何せカップリングで言うのなら”遥×貴”が一番推しな、この私。
この日をどんなに待ち侘びたことでしょう。
貴音は表情が豊かで魅力的ですね、大概は不機嫌顔ですが、それがまた良し。
これだからこそ、素直な表情を浮かべた時の可愛さが倍増するんですよね、
ツンデレというよりかは捻くれ者系女子ですが、心の底は乙女ちゃん。
ケンジロウ先生と遥がチャランポランな分、苦労してます。
でも最後の「にひひ」っていう感じの笑みを見ると、
人間だった頃から後の2つ目の人格の素養はあったんですね、にひひ。

メカクシ6 (32)メカクシ6 (33)メカクシ6 (34)
メカクシ6 (35)メカクシ6 (36)メカクシ6 (37)
メカクシ6 (38)メカクシ6 (39)メカクシ6 (40)
メカクシ6 (41)メカクシ6 (42)メカクシ6 (43)
メカクシ6 (44)メカクシ6 (45)メカクシ6 (46)
メカクシ6 (47)メカクシ6 (48)メカクシ6 (49)
メカクシ6 (50)メカクシ6 (51)メカクシ6 (52)
メカクシ6 (53)メカクシ6 (54)メカクシ6 (55)

確か小説版の設定では、プログラムはケンジロウ先生が組み上げて、
絵は全て遥が描いたとか何とか言ってましたよね。
キャラデザに加えてリザルトスチル的なものも含まれてるかと思ってたんですが、
これを見るとどうやらシュールな可愛さを演出している敵キャラデザだけなのかな。
後で出てくる2Pカラーの貴音もデザインしていたとしたら萌えますが、
あれはきっとケンジロウ先生の嫌がらせ、だったっけなー。
取り敢えず貴音可愛いよ貴音。
頑張って貼り付けている営業スマイルの、こなれない感じがグッド。
その後の素に戻った後の表情と併せてテンション上がります。

メカクシ6 (56)メカクシ6 (57)メカクシ6 (58)
メカクシ6 (59)メカクシ6 (60)メカクシ6 (61)
メカクシ6 (62)メカクシ6 (63)メカクシ6 (64)
メカクシ6 (65)メカクシ6 (66)メカクシ6 (67)
メカクシ6 (68)メカクシ6 (69)メカクシ6 (70)
メカクシ6 (71)メカクシ6 (72)メカクシ6 (73)
メカクシ6 (74)メカクシ6 (75)メカクシ6 (76)
メカクシ6 (77)メカクシ6 (78)メカクシ6 (79)
メカクシ6 (80)メカクシ6 (81)メカクシ6 (82)
メカクシ6 (83)メカクシ6 (84)メカクシ6 (85)
メカクシ6 (86)メカクシ6 (87)メカクシ6 (88)
メカクシ6 (89)メカクシ6 (90)メカクシ6 (91)
メカクシ6 (92)メカクシ6 (93)メカクシ6 (94)
メカクシ6 (95)メカクシ6 (96)メカクシ6 (97)
メカクシ6 (98)メカクシ6 (99)メカクシ6 (100)

そもそも景品が謎の化石標本1つだけという時点でギリギリの戦いでしたが、
現れた意外な強敵、キド団長の前に大苦戦の我らが貴音姫。
まだこの頃はコードネームっぽく呼ぶ習わしがなかったのか、
カノがキド団長を「つぼみ」と呼んでいるのが意外と萌えて自分でも驚き。
そして挙動不審で嗜虐欲を掻き立てられる、か弱いキド団長の姿にも萌え。
アヤノお姉ちゃんがあんな事になる前はこんな性格だったんですね。
ロリキドの頃はもっとつっけんどんな性格だった気がするのに、
人間の成長というものは面白いものです。

で、強敵を退けた後、昼休みを経ての再びの危機は意外なところから。
全国2位の猛者(しかも現役JK)が学園祭にいるとの情報が出回って、
腕に覚えのある奴らと、JKと遊びたい奴らと、女の子にボコボコにされたい奴らが、
”いつでも会いに行ける全国ランカー”と化した貴音に群がってくる恐怖。
流石の貴音も怯えて遥を盾にカクレオンしてますよ、可愛いですね。
その後、意を決して部室に逃げ込む際に遥の手を握ったのもポイント高し。
表向きは遥を置き去りにしない為なんでしょうが、
遥と一緒にいると落ち着くとか安心するとか、そういう無意識もあったんですよね。
青春って素晴らしい、ビバぶるーすぷりんぐ。
遥に廃人ゲーマーな自分を認めて貰えて、吹っ切れた貴音様の快進撃始まります。

メカクシ6 (101)メカクシ6 (102)メカクシ6 (103)
メカクシ6 (104)メカクシ6 (105)メカクシ6 (106)
メカクシ6 (107)メカクシ6 (108)メカクシ6 (109)
メカクシ6 (110)メカクシ6 (111)メカクシ6 (112)
メカクシ6 (113)メカクシ6 (114)メカクシ6 (115)
メカクシ6 (116)メカクシ6 (117)メカクシ6 (118)
メカクシ6 (119)メカクシ6 (120)メカクシ6 (121)
メカクシ6 (122)メカクシ6 (123)メカクシ6 (124)
メカクシ6 (125)メカクシ6 (126)メカクシ6 (127)
メカクシ6 (128)メカクシ6 (129)メカクシ6 (130)
メカクシ6 (131)メカクシ6 (132)メカクシ6 (133)
メカクシ6 (134)メカクシ6 (135)メカクシ6 (136)
メカクシ6 (137)メカクシ6 (138)メカクシ6 (139)

ラスボス、降臨。
全国1位と全国2位の戦いの筈なのに、ここまで差が出るんですね。
曲がりなりにも貴音の方は先に数十回プレイしてゲームに慣れているのに、
それでも埋められない圧倒的な技術と戦術の練度の差。
これもシンタローの能力の副産物なのかしら、
そもそもどの時点でシンタローが能力を獲得したのか定かじゃないんですが。
にしても先のキド団長もそうですが、シンタローもこの頃は良い性格してますね。
痛いキャラである事に変わりはありませんが、無駄に煽っていくスタイルで。
この出会いが後の再会と関係性に繋がるのかと思うとニヤニヤしますけどね。

メカクシ6 (140)メカクシ6 (141)メカクシ6 (142)
メカクシ6 (143)メカクシ6 (144)メカクシ6 (145)
メカクシ6 (146)メカクシ6 (147)メカクシ6 (148)
メカクシ6 (149)メカクシ6 (150)メカクシ6 (151)
メカクシ6 (152)メカクシ6 (153)メカクシ6 (154)
メカクシ6 (155)メカクシ6 (156)メカクシ6 (157)
メカクシ6 (158)メカクシ6 (159)メカクシ6 (160)
メカクシ6 (161)メカクシ6 (162)メカクシ6 (163)
メカクシ6 (164)メカクシ6 (165)メカクシ6 (166)
メカクシ6 (167)メカクシ6 (168)メカクシ6 (169)

楽しかった学園祭も終わり、見事賞を獲得した特別養護学級。
そして季節は流れ、何気ない日々が続き、無自覚の恋心は成長し、
新年度を迎えて2人きりだった風景には新しい顔が加わり、
穏やかで幸せな時間を過ごした貴音と遥。
このまま平和な学園生活が送れれば良かったんですが、
残念ながら悲劇の序章はこの頃から始まっていたわけで。

というか今更ですが、スカートの下にスパッツを穿くのは邪道だと思います。
ジャージ穿かれるよりはスパッツの方がまだ許されますが、
でもやっぱりスカートの下には浪漫があって然るべきだと思うんですよ。
そんな趣旨の熱弁を昨夜、女子中学生にふるってドン引きされてましたが、
多少の蔑視を恐れていては世の中なんて変えられません。
私は断固として戦い続ける所存である事をここに明言させて頂きます。
まる。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します(*'ω'*)


がっちの言葉戯び


<<メカクシティアクターズ act.7「コノハの世界事情」 | ホームへ | メカクシティアクターズ act.5「カイエンパンザマスト」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1281-cc3c58bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)