タイトル画像

「スーパーダンガンロンパ2」 chapter.2 (8/15)

2016.08.19(21:00) 1249

SDR2-1.jpg

第2章の4日目。
嵐の前のワクワク感が満載です。


それでは宜しければ続きからご覧ください。


さて、日付的にはどれくらいぶりになるでしょう、
調べてみたら2014年12月18日以来なので、
何と1年と7ヶ月ぶりだったみたいです、恐ろしや。
またいつ何処で中断するか不安はありますが、
折角のテンションを活かしてやっていければと思います。

SDR2-70.jpg

というわけで第2章4日目の朝から再開。
朝、コテージから食堂に向かう道すがらの短い距離で、
出会える人間はそれこそ日によって違うのですが、
ここでの会話って中々面白いですよね、この日これからの、
出来事の前振りみたいになってたりしますし。
ここでいうところの罪木の発言とかがまさにそう。
後、澪田は相変わらず可愛いですね。
アニメでも再認識しましたけど、こちらでも再々認識。

SDR2-71.jpg

屋内に入ってからも西園寺と七海に遭遇。
己 身もその変人の1人だと分かっていない様子で、
例の如く小泉以外の人間をボロカスに言う西園寺。
まぁそこが可愛いわけですけどね、うぷぷぷぷ。
七海の方も例の如く朝からゲーム三味ですが、
何気に狛枝の心配をする数少ない良識人の一面も。
これも後程の出来事の伏線といえば伏線。
七海可愛い。

2-72 (1)AAAAAAAAAAAAA
2-72 (7)AAAAAAAAAAAAAAAA
2-72 (10)AAAAAAAAAAAAA

食堂へと辿り着くと、朝から爽やかなソニアの笑顔。
そしてここでの終里と西園寺の会話が、
何気に布石となっていたりするのも興味深いです。
ついでに毎朝の西園寺節は今日も絶好調。
本日の哀れな犠牲者は左右田と罪木、七海。
小泉の名前に反応する小動物の心配を余所に、
当の本人はきちんと目撃証言があるみたいですが、
はてさて、何があったのやら。

2-73 (3)aaaaaaaaaaaaaaaa
2-73 (10)AAAAAAAAAAAAA

左右田から謎の提案を受ける朝のひと時。
そこに寂しがりやの田中が絡んできて、
何となく切ない様な、ほっこりする様な気持ちになります。
一般的に動物好きの人は寂しがりやとか、
そういう印象がありますが、田中も御多分に漏れず。
照れ隠しでこのキャラクターを演じているのか、
楽しんでやっているのかは判断が分かれますが、
個人的には後者の方がいいかなぁ、全速前進DA。

2-75 (0)aaaaaa
2-75 (7)aaaaaaaaaaaaaaaaaaa
2-75 (8)aaaaaa
2-75 (10)aaaaaa

朝の一幕も終わり、そのままソニアとデートします。
プレゼントで好感度を稼ぎ、続く話題は現状の感想と、
ソニアの故郷であるノヴォセリック王国について。
どうやら小国とはいえ裕福な国勢らしく、
そういう意味では確かに“超高校級の王女”なのかしら。
そもそも高校生で王女の一般的基準が分かりませんが。
ソニアが会話中で引用するネタは、
時代がかなり古いので若い方には難しいものばかりです。

2-76 (0)AAAAAAAAA
2-76 (1)aaaaaa

一体どれだけソニアと遊んでいたのか、
早くも一方的な待ち合わせ時間を迎えて、
何故か過剰に驚愕する顔芸師、左右田と再会。
どうやら海水浴女子会の情報を仕入れたらしく、
偶然と事故を装って参加をしようと企んでいます。
こういうの、行くなら一人で行けばいいのに、
仲間を求めてしまうのは何故なんでしょうね。
残念ながら断れる雰囲気にないのが辛いところ。

2-77 (1)aaaaaa
2-77 (14)AAAAAAAAAAA
2-77 (20)aaaaaa
2-77 (92)aaaaaaaaaaaa

そのまま、場の雰囲気に抗えずにダイナーへ到着。
逸る気持ち(※左右田のみ)を抑えつつ、
まだ1時間も前だというのに監視体制を構築する中、
まずは通りがかった九頭龍を発見して声をかけ、
続けて通った罪木と澪田に取り入ろうとする心の強さ。
例えどれだけ芝居が下手くそでも諦めない、
それだけ女性陣の水着姿にかける想いは強いのです。
男、左右田和一、ここにあり。

2-78 (0)aaaaaa
2-78 (13)aaaaaaaaaaa
2-78 (16)aaaaaa
2-78 (21)aaaaaa

いつの間にか姿を消した九頭龍を放置して、
左右田が用意した日向の戦闘服は、危ない形状の水着。
しかも左右田とお揃いらしいですよ、これは厳しい。
微妙に色めき立つ女性陣も加わって騒いでいると、
窓の外に泣きながら駆け去る西園寺の姿が見えます。
今までの情報を総合すれば、ある程度の予想は突きますが、
ともあれ、この場での懸案事項はこの後の楽園光景なので、
一先ず彼女の事は蚊帳の外へドロップアウト。
あぁ、悲しい。

2-78 (29)2-78 (33)
2-78 (39)aaaaaa
2-78 (54)2-78 (59)
2-78 (67)2-78 (72)
2-78 (73)aaaaaa
2-78 (89)2-78 (91)
2-78 (96)aaaaaa

ここで本作のメインイベントの1つと言っても過言ではない、
女性陣の魅惑的な水着姿を惜しげもなく披露。
小泉と西園寺は入浴の様子を公開してくれているし、
罪木も事ある毎に転倒してサービスしてくれてますから、
この作品の女性陣は本当に有り難い存在です。
何もご褒美を提供していないのは澪田くらいかな。
七海千秋は160cmで胸囲88cm、共に朝比奈葵と同数値。
外見的には単なる童顔貧乳少女と見せかけて、
実は蠱惑的な肢体の持ち主なのでしたとさ、ひゃっほい。
ちなみに終里の怪我は弐大と遭遇戦を行った結果。
画像では省略しましたけど、「唾つけときゃ治る」という終里に、
「人間の唾を過信し過ぎだろ!?」という左右田の返しがツボ。
ソニアさんは、まぁ順当なオチなのでノーコメントです。

2-80 (2)aaaaaaaaaaaaaaa
2-80 (6)aaaaaa
2-80 (13)aaaaaa
2-80 (17)aaaaaaaaaaaaaaa
2-80 (96)aaaaaa

期待した楽しい時間は決して訪れず、
眼前に横たわるのは物言わぬ骸のみ。
この絶望アイランドで発生した第2の事件、
その被害者は“超高校級の写真家”小泉真昼
転がる血濡れの金属バット、謎のアニメ柄のお面、
そして頭から血を流す、かつて小泉真昼だったモノ。
この時点で犯人が分かるのはカンニング魔のみ。
次回、捜査編で真相に繋がる鍵を見つけていきます。
誰が、どうやって、何の為に彼女を弑したのか。
その答えを見つけなければ、待つのは絶望のみ。

以前と比べて記事の雰囲気も変わりましたが、
そんなわけでようやく1年半越しに辿り着いた第2の事件。
ここからが長いっちゃー長いのですが、
頑張って定期的に上げられる様に頑張ります。
ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<テイルズ・オブ・ゼスティリア ザ・クロス 02「イズチ」 感想 | ホームへ | ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園-絶望編 第1話「ただいま希望ヶ峰学園」 感想>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1249-aaccf8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)