タイトル画像

ポケモンORAS 4日目:ムロタウン~カイナシティ

2014.12.08(21:00) 1237

images_20141124001626d4f.jpg

前回初めてのジムリーダー戦を経験したと思ったら、
今回早くも2回目のジムリーダー戦を迎える運びとなりまして候。
バッジは全8個なので、前回のペースだと相当クリアに時間かかりそうだと不安でしたが、
この感じだと意外に早く終わる可能性も無きにしも非ずなのかしら。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



ぽけもん4-1

デボン社長からの強制的なお使いを果たす為、トウカの森を再び抜けます。
今回は秘伝技”いあいぎり”のお蔭で前回通れなかったルートを通ることが出来ます、
そこで出会ったのはカラサリスのかいこくんと瓜二つなマユルド。
早速睡眠要員であるエネコの力を借りて、寝ている間に捕獲監禁するという行動に出ます。
太古の昔、眠っている野生ポケモンは捕獲率100%だったみたいですが、
最近はその仕様は廃止されて、捕獲成功率が通常時の2倍とか、そんなものらしいですね。
眠っているのにどうやって抵抗するのか謎ですが。

ぽけもん4-2

そういえば何故か秘伝技は忘れさせることが出来ません。
秘伝技マシンが使い切りシステムなら当然の処置ですが、
別に何回使ってもなくならないのに、何故こんな酷い仕打ちをするのでしょう。
秘伝技は基本的に戦闘に堪えられるような性能を持っていないのに・・・あんまりだ・・・。
この瞬間、ツチニンくんが私の中でバトル要員としての戦力外通告を受けてしまいましたし。
これからはこの点に注意して覚えさせる子を選ばないとなぁ・・・・・・。

ぽけもん4-3
ぽけもん4-4

デボンの荷物を取り返した時に現場に居合わせただけの爺ちゃんをも巻き込み、
新しい街、ムロタウンにやってきた我らが主人公。
浜辺で釣りを嗜んでいる人から使い古しの釣竿を貰って、
これで遂に皆が大好きなあの、”はねる”マスターさんを捕まえる事が出来ますね。
テンションが上がってまいりました。

てか街で大流行しているらしい”きずぐすり まつり”って何なんでしょうね、
リメイク前関係のネタなのかな、もしくは”ヤマザキ春のパン祭り”の親戚か。
イマイチ正体が掴めなかったので華麗にスルーしましたが、
何かの特別なイベントとかだったらヤだなぁ・・・・・・。

ぽけもん4-5

村の中の探索を終えたら、早速ムロタウンのジムに突撃敢行。
海村みたいな雰囲気だから水統一ジムかと思いきや、
まさかの格闘統一という予想外過ぎる仕様でした、ノーマルタイプがダメだそうです。
といってもノーマルタイプ自体が手持ちにいる様な、いない様な。
ていうかそもそも、このハイテンションな情報屋のおっさんは一体誰なんでしょう。
ジムリーダーの情報よりもそっちの方が気になります。

あ、ちなみにジム入口の自販機では美味しい水が200円で買えます。
何ml入りのものかは知りませんが、たかが水ごときに大した値段ですね。
回復量がかなり多いので非常に便利そうです、傷薬も地味に高い世界ですし。
ガシャコンガシャコン、持てるだけの水を持って、いざ進撃。

ぽけもん4-6

見た目的にとても格闘タイプに見えないアサナンや、
恐怖の急所率を誇る格闘タイプの代表格の一人、ワンリキーなどが立ちはだかる道中。
トレーナーも空手家やバトルガールといった、いかにもな奴らばかりが集います。
ここはまさに脳筋パラダイス。
格闘タイプは今のうちのパーティーからしたら相性が良いのか、特に苦労なく進みます。
格闘技の急所だけは怖いですが、逆に言えば運が悪くない限りは死にませんで。
サクサクサクサク、至極快適な旅でございます。

ぽけもん4-7
ぽけもん4-8

第2のジムリーダー、トウキはポケモントレーナーというかジムトレーナー。
某ブートキャンプとかでインストラクターとかしていそうなキャラしています。
使うポケモンもマッチョ系だし、ご褒美に貰える技マシンも”ビルドアップ”だしね。
そうそう、肝心要の戦闘の方は特に問題もなく終了です。
いや、実際は急所で1匹お亡くなりになりましたが、内容的にもちゃんと勝利で。
タイプ相性が良い時は特に苦戦しませんね、レベルもこちらのが高いので。
ツツジ戦に比べたらあっさり風味でした。

ぽけもん4-9

ジムを攻略し終えて、元々の目的であるお使い任務に取り掛かります。
しかしムロタウン周りの野生トレーナーは何故か男性ばかりですね、別にいいんですが。
相手ポケモンには昔、トラブルの種になった”ナマケロ”もいますね、そして溢れるコイキング。
やはり水辺だからか、水棲ポケモンが多いのは当然と言えば当然ですが、
その割に先程のジムでは1匹もみなかった気がするのはやはり不自然というか違和感。
地元の名品を活かした地域興しが叫ばれている昨今ですのにねぇ。

ぽけもん4-10-2

秘伝技ではないのですが、普段の探索に役立つらしい技マシン”フラッシュ”。
洞窟内の一般人とかほぼ100%野生トレーナーなのでビクビク近づいたら、
まさかの優しい山男さんで一安心。
この世界における通行人は基本的に敵だと思った方がいいですからね、
こんな世界にこういう優しい人がいるなんて、まだまだ捨てたものじゃありません。
まぁ貰った技マシン自体はゴミですけど、うん。

ぽけもん4-11

”ダイゴ”って名前から私が想像していたのはもっとムサいおっさんだったのですが、
実際に出会ってみると全然若い、イケメンなお兄さんでしたね。
ちょっと自分の世界に入り過ぎている雰囲気が感じられた点は不安ですが、
技マシンもくれたし、悪い人ではきっと無い筈。
いやまぁ、いつかは戦いそうな気配満載でしたけど、どうなんでしょ。
そういえば最近ハルカを見ませんね、いや、いいんですけど。

ぽけもん4-12
ぽけもん4 (69)ぽけもん4 (72)ぽけもん4 (75)

ダイゴへの手紙の配達も無事に終えて、次の目的地に向かう前にポケモン捕獲。
洞窟内ではコウモリを捕え、海辺ではクラゲとコイを釣り上げました。
まぁコウモリやクラゲは正直どうでもいいんですが、コイキングきましたよコイキング。
”がくしゅうそうち”がある現状では育成も非常に楽ですから、
きちんとパーティーに加えておいて、いつか来るであろう晴れ舞台を待ちましょう。
水ポケモンって手持ちにめぼしいのがいないので、割と本気で待望論がありますし。

ぽけもん4-13

船乗り爺さんを再び足代わりにして次なる目的地のカイナシティに到着。
何となれば、デボン社長から追加指令が下ってましたからね、あの野郎。
これは後で追加報酬をきっちりと頂かないと割に合いません。
勢いで良い様に使えると思われたら、この先いくらでも利用され続けますからね。
そうでなくても砂浜のショタロリコンビから奴隷扱いされてるんだから。
「自分を大事にしましょう」という教訓を教えてくれる良いゲーム。

ぽけもん4-14

海辺でも容赦なくポケモンバトルは発生します。
ここは何故か余り水棲系ポケモンは襲ってこず、寧ろ格闘系が見受けられる謎展開。
海の男達は付きなんですかね、ガチムチ系ポケモン。
嫌な想像しかついて回らない設定なので非常に止めていただきたい。
まぁ砂浜の上にクマというかタヌキがいるのも十分違和感ですけども。

ぽけもん4-18

唐突に開催されるサバイバルポケモンバトル in 海の家。
店内にいるお客さんを全てブチのめすことで素敵なプレゼントが貰えるそうです。
ここにもまた世界の歪みが1つ見つかりましたね。

最終的な景品は単価300円のサイコソーダが6個で合計1800円。
どこぞの大手企業社員が会社の危機を救った際に支払った金額が600円ですから、
この海の家のオーナーがどれだけ太っ腹か、よくわかります。
というか野良バトルの賞金とか、たまに数千円に上ったりしますからね。
この世界でのお金の価値って、良くわかりません。



さて、今回は中途半端ですがここで終わります。
第2のジムリーダー戦も終わり、メンバーの戦力も安定してきて、
進行がスピードアップしてきたかな、野生ポケモン捕まえたりで回り道してますが、
それでも最初の頃に比べたら色々な面で慣れてきた気がします。
このまま最後まで駆け足で行けるといいですねぇ。

ありがとうございました、次回も宜しくお願いいたします。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ポケモンORAS 5日目:カイナシティ~ポケモンコンテスト | ホームへ | ポケモンORAS 3日目:カナズミシティ~カナシダトンネル>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1237-665e64ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)