タイトル画像

MH4G 27:モンハン、ひとまず区切りです

2014.11.30(21:00) 1231

01_201410131624362eb.jpg

ひとまずここで一旦「モンハン」記事は区切りになります。
何となれば、「ポケモン」発売されてからずっとそちらにかかりっきりになっていて、
発売後2週間のうち、「モンハン」を起動したのが僅か2日という状況。
勿論引き続きプレイは続けますが、大体出来ることも少なくなってきましたし、
後は古文書とギルクエ回し、残った武器強化を細々とやる程度ですので。
おってまた記事は上げるとは思いますが、暫くは「ポケモン」に席を譲る事、ご容赦ください。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



mh4g25-1.jpg

出来れば極限状態セルレギオス戦の前に出来てて欲しかった、
”抗竜石”の強化と種類の増加が戦後にあっさりと解禁されて複雑な心境。
とはいえ、弓使いとしては果たして心撃が必要なのかどうか、
まだまだ極限個体との遭遇が少ないせいでわかりかねますが、
基本的には”剛撃”と”心撃”で間違いはないのでしょうかね、持参する2種類というのは。
”属撃”がどの程度の効果があるか測りかねますが、”耐衝”は正直ないのかなぁと。
防御力700あっても即死の世界だって言ってましたからね、行きつく先は。
まぁ私はPS的にそこまで上がる事すら出来そうもないのが悲しいところ。

mh4g25-2.jpg

そうそう、解禁といえば極限強化なる、生産武器の新たな可能性を広げるシステムが。
攻撃強化なら”武器倍率+20”、防御強化なら”防御力+60”、生命力は・・・・・うん。
兎に角この”武器倍率+20”でどれだけ発掘武器との差が埋まるかは不明ですが、
あちらには複合スキル付与がある以上、向こうの方が上手なのですかね、これでも。
拡散剛射弓はまだ流石に発掘武器の方が上なのかな。
そのあたり、にわかの私は全然わかっておりません。

mh4g25-3.jpg

村クエストも無事に一段落したという事で、いつまでもG☆2級で遊んではいられないと、
緊急クエストを野良部屋でとっととこなしてG☆3級に上がっておきました。
ついでに過渡期ゴア・マガラ素材で新しい弓を生産。
会心率が2種類あるというユニークな武器ですが、とりあえずは物理武器倍率が高いので、
他の連射弓が完成するまでは出番もあるのかなぁという感じです。
いや、正確にはレギオス弓用の装備が整うまでは、かしら。

mh4g25-4.jpg

まーた画像ミスってますね、上部中央は何だったかな・・・・・・。
兎に角G☆3級に上がって、遂に登場したG級古龍達と相見えるお時間です。
テオ・テスカトル、ウカムルバス、オオナズチ、クシャルダオラと順番に戦いましたが、
オオナズチ以外は正直変わり映えしない感じですかね。

いや、流石にそれはウソでした、そういえばクシャで1乙してました私。
溜めて大きな持続竜巻を発生させるブレスの際に、一旦避けてから照準合わせていたら、
まさか竜巻が視界外から移動して襲い掛かってくるとは思わず即死しましたね。
即死というか、竜巻+起き上がりに突進重ねで死んだわけですが。
後、ナズチの舌による泥棒攻撃は相変わらず嫌らしいですね、避けにくいし。
あ、ちなみにウカムルバスは古龍扱いでいいのかしら、そこんとこ知りませーん。

mh4g25-5-2.jpg

先程のG☆3級のキークエストを全てこなす間、ずっと一緒だった人が、
G☆3級卒業の為の緊急クエスト、ゴグマジオスを貼ったのでフレと二人で参戦。
が、まぁあんな化け物相手じゃ仕方ないですね、貼り主が3乙して終了したので、
どうしようか迷いましたが一旦抜けて、フレと二人部屋で再度挑戦する流れに。
最初はもう少し慣れてから行こうかと思ったんですが、
フレが「二人だけなら倒せる」と言ったので寄生根性全開で行ってまいりましたよ。

ゴグマジオス、もっとゴツいモンスターを名前からは想像していたんですが、
こんなヘドロの塊みたいな気持ち悪い奴だとは予想外過ぎましたね。
ちなみに防御力500くらいのリオソウルZ一式で挑戦したら、
どの攻撃も即死な免れるラインをギリギリ超えていたらしく、
どうにか1回も死なずに倒すことが出来ました、ほぼフレのお蔭なんですが。

最初は遊びで砲台とか動かして遊んでいましたが、途中から面倒くさくなって、
股下とかに居座って延々射撃に集中してたら、まぁ変な事しない限りは被弾しませんわね。
攻撃範囲は広いですが、攻撃速度は目に見えて遅いので、
ちゃんと挙動さえ見ておけば何の問題もナッシング。
ただ、火力不足過ぎて物凄い時間かかりましたけどね、もう戦いたくはないです。

mh4g25-6.jpg

右上、まーた画像ミスってますね、本来ならそこはイベントのゼルダ弓生産画像でした。
こちらは地味にイベクエのアカムトルムを消化して、ようやく3つ溜まったので生産叶った品。
強化にまたイベントアイテムが3つ必要なのですが、それは追々やるつもりです。

で、G級テオの素材からカイザーX胴を作成。
こちらは”剛撃+3、装填数+3、スロット2”という凄い性能の胴装備なので、
胴倍加装備2つ+EXレウスコートでご覧の様なスキル構成が発動します。
ネットで調べたセット装備なので完全なるパクリなんですけどねー。
防御力が低いのが難点ですが、多少装備の入れ替えで改善を目指します。
見た目はまぁ、許せるレベルなのが救い。

mh4g25-7.jpg

村クエストは最上級となる☆10クエストが次々と解禁。
要するにG級村クエストが順次発生していっているので、順次クリアしていきます。
キリン亜種はゴミの様に弱かったのでスルーとして、オウガ亜種&レギオスの2頭はまぁまぁ、
ティガレックス希少種は結構辛かったですね、浮遊する火の粉によく当たって泣いてました。
他にもクエストは発生していますが、これらのクエストを優先しているのにはある理由が。
ここから筆頭ランサー関係の連続クエストに発展します。

mh4g25-8.jpg

で、その筆頭ランサーのクエストはどれも見えないモンスターに関する調査討伐依頼。
要するにオオナズチの事なんですが、何故か筆頭ランサーはその可能性を全く考えず、
次々と発生するイビルジョー、フルフル、ネルスキュラ亜種の狩猟を丸投げしてきます。

丸投げはいつもの事なので今さら怒りもしませんが、イビルジョーは案の定きつかったです。
余裕で2乙してますが、残り時間が25分を切っている事からも解る通り、
これまでのどのクエストよりも一番苦労しました、正直無理だと思いながら戦ってました。
攻撃するタイミングと間合いを調整して上手く立ち回れないんですよね、ちくせう。
ティガレックスシリーズとイビルジョーは私にとって永遠の課題になりそうです。

mh4g25-9-1.jpg
mh4g25-9-2.jpg

とはいえ私が用事があるのは最後のネルスキュラ亜種だけだったので取り急ぎは問題なし。
このクエストで獲得出来る筆頭チケットが欲しかったのです、それで作れる装備品が。
というわけで、ネルスキュラ亜種を3戦して胴と足、G級ブラキ素材で腰、
腕は上位胴倍加装備を流用して、頭には色調の都合でブナハ頭を採用。
ご覧の通りに青系で染め上げた舞踏家装備が組みあがりました。

スキルがショボ過ぎますが気にしない。
もう少し良いお守りが獲得出来れば、もう1つくらい追加出来る感じですので。
防御力もまだ若干低いですが、それでも個人的には見た目が好みなので満足です。
言うて、ネットに上げられていたセット装備のマイナーチェンジですけどね。



冒頭でお話しした通り、「モンハン」記事はここで一旦お休みを貰います。
暫くは、まぁ年内は「ポケモン」記事で埋まる予定ですので、
その合間合間に落書き関係など、細かい記事を挟んで2014年にお別れを告げます。
ひとまずここまで27記事にお付き合いくださった方々、個別記事をご覧いただいた方々、
この様な更新の遅い駄文記事に目を通していただいて感謝の念に堪えません。

ありがとうございました、間はあきますが、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<落書き:twtw企画用試作 その2 | ホームへ | MH4G 26:モンハン、村クエのストーリークリアです>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1231-f3d1fd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)