タイトル画像

MH4G 17:モンハン、引き続き物語が進みます

2014.11.16(21:00) 1216

01_201410131624362eb.jpg

前回から引き続き、村ウエストに注力しています。
村クエストはソロでの狩りが前提なので(アイルーはいますけど)、
通常の集会所の個体に比べたら体力がかなり低めに設定されていますよね。
それともクエスト参加人数で補正がかかる仕組みでしたっけ、「MHF」はそんなだったような。
2頭クエストもパッと見は面倒そうですが、通常に比べて更に体力が減ってる気がしますし、
何だかんだ狩りやすく、ユーザーに優しく出来ているんですねぇ、ほろり。

それでは宜しければ続きからご覧ください。




mg4g-13 (78)mg4g-13 (80)mg4g-13 (81)
mg4g-13 (82)mg4g-13 (83)mg4g-13 (84)
mg4g-13 (86)mg4g-13 (87)

ドスイーオス率いる群れにたかられて一度倒れ込んだジンオウガさん、
狂竜化に見事成功して雷撃一蹴、凄まじい光景でございます。
というわけでキナくさい事態はますます進行中、どんどん狂竜化する個体が増える裏には、
伝承に記されている災厄の獣、シャガルマガラが存在しているとか何とか。
あーだこーだ言ってますが要するに私にそれを狩ってこいというんでしょう、はいはい。
ちなみに噂の大僧正は普段シナト村の畑を耕している青年だったとかいうオチもあかされます。
お前は遠山の金さんか。

mg4g-13 (89)mg4g-13 (92)mg4g-13 (93)
mg4g-13 (88)mg4g-13 (95)
mg4g-13 (97)mg4g-13 (98)mg4g-13 (99)

まぁ実際にシャガルマガラと戦うまではまだ間があるのでクエスト消化。
先に狂竜化ティガレックスの登場ムービーを観た後で普通のムービーを観る事になるとは、
あれ、私、クエストクリアする順番間違えてたりしますかね。
未だに名前をちゃんと覚えていないマンモスみたいなヤツらを追いかけて、
その途中で明らかに美味しくなさそうな主人公に目をとめて立ち止まる。
これが噂の一目惚れk。
その後はレウスを捕獲して食材レベルを上げましたよ、そろそろこちらも極まってきました。

mg4g-13 (100)mg4g-13 (101)mg4g-13 (102)
mg4g-13 (103)mg4g-13 (104)mg4g-13 (105)
mg4g-13 (107)mg4g-13 (108)

荒野の一騎打ちとでもいうべき、シャガルマガラとの決闘。
この無駄に格好いいムービーは流石の下位ラスボスと言ったところでしょうか。
集会所で初めて会った時は何も分からずに2乙させられ、
その後暫くは恐怖で挑戦する事すら出来なかったシャガルマガラさん。
あれから幾度かの戦いを経て、遂にこうして単身で挑めるまでになりましたよ。

というか実際に戦いが始まってみると恐ろしく弱かったですよ、流石は下位。
これにてトラウマは完全克服です、下位だけど。
ここからエンディングっぽいムービー、画像が多くてめっちゃ長いですから注意。

mg4g-13 (109)mg4g-13 (110)mg4g-13 (111)
mg4g-13 (112)mg4g-13 (113)mg4g-13 (114)
mg4g-13 (115)mg4g-13 (116)mg4g-13 (117)
mg4g-13 (118)mg4g-13 (119)mg4g-13 (120)
mg4g-13 (121)mg4g-13 (122)mg4g-13 (123)
mg4g-13 (124)mg4g-13 (125)mg4g-13 (126)
mg4g-13 (127)mg4g-13 (128)mg4g-13 (129)
mg4g-13 (130)mg4g-13 (131)mg4g-13 (132)
mg4g-13 (133)mg4g-13 (134)mg4g-13 (135)
mg4g-13 (136)mg4g-13 (137)mg4g-13 (138)

シャガルマガラを倒して世界の脅威が払われたことを喜ぶ皆。
飛行船で別れを告げるシーンとかは地味にお気に入りですが、
そうして各々旅団の構成員が自分の地元や住み慣れた場所に散らばっていく中、
何故か筆頭ランサーは単身レウスに戦いを挑み、
筆頭リーダーと筆頭ガンナーはそんなの関係無いとばかりに良い雰囲気。
そして一人気楽に遊んでいる筆頭ルーキーという謎の構図。
結局貴方達、何の為にチームを結成したんですかねぇ・・・・・・。

mg4g-13 (139)mg4g-13 (140)mg4g-13 (141)
mg4g-13 (142)mg4g-13 (143)mg4g-13 (144)
mg4g-13 (145)mg4g-13 (146)

はい、別にこれでゲームが終わったりはしませんよ。
寧ろここからが本番の村クエスト上位が開始でございます。
いつものメンツが束の間の休息を経て再び再結集し、次なる目的地はドントルマ。
天災ともいわれる強力なモンスター、古龍に対抗する為の前線都市だとか。
名前だけは聞いたことがありますね、きっと過去作でもお馴染みなのでしょう。
実は以前1回覗いたことはあるのですが、敢えて初見風でゴー。

mg4g-13 (149)

そうそう、そういえば先程の下位シャガルマガラの素材で龍拡散弓が強化されました。
私がこのゲームを始めてすぐの頃に作って、長いこと相棒を務めてくれた武器。
今回の通り、村クエストを進めないと強化出来なかった関係で長らく放置されてましたが、
久し振りに日の目を見れそうな気配が出てきましたね、いや、まだまだ弱いですが。
でもまぁ拡散弓で剛射なのでこれでも十分強いとは思います、えぇ。

mg4g-13 (147)mg4g-13 (148)
mg4g-13 (170)mg4g-13 (171)

移動する前に道行く女性から頼まれた火竜夫婦の狩猟依頼。
2匹分合わせても10分くらいだし、そもそもクエストレベル的に低いし、
まだこれは下位クエストなんでしょうね、中々仕組みが複雑です。
剣士からしたら微妙に違うのかもしれませんが、ぶっちゃけガンナーからしたら、
レウスレイアなんて色が赤か緑、程度の違いしか感じません。
どちらにせよ作業。

mg4g-13 (150)mg4g-13 (151)mg4g-13 (152)
mg4g-13 (153)mg4g-13 (154)mg4g-13 (155)
mg4g-13 (156)mg4g-13 (157)mg4g-13 (158)
mg4g-13 (159)mg4g-13 (160)mg4g-13 (161)
mg4g-13 (162)mg4g-13 (163)mg4g-13 (164)

気が早いというか、先に乗り込んだ団長が筆頭リーダーから話を聴いて、
必要性を認めて急遽メンバーをドントルマに呼び寄せた流れ。
主人公はこういう時間の流れの外側にいる特別な存在なので感じませんが、
団長達も普段遊んでいるわけじゃ無くてちゃんとこういう雑務をこなしているんでしょうね。
何故私だけをいつも戦わせる、とか疑問に思ってはいけないという事です。
主人公を置いてユクモ村っぽいところで温泉に入ってたみたいですけどね、気にしたら駄目。



以上、物語は進み、村クエストの後半戦ともいえる上位に突入しました。
下位までとは違い、敵の強さも嫌らしさも上がってくることでしょう。
果たしてそれらの難敵に私が立ち向かって勝利を収めていけるのか、
これからの頑張り次第ですね、努力努力。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<MH4G 18:モンハン、村クエ上位へ挑戦しています | ホームへ | MH4G 16:モンハン、物語が急展開です>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1216-4161571f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)