タイトル画像

きみとぼくの壊れた世界 ラスト

2011.12.02(00:43) 12

4枚目、ようやく塗り終わりました。
あぁ、長かった…。
ようやく「素朴で不気味な囲われた世界」が読めます。
「きみとぼくの壊れた世界」読了からもう10日くらいですか。
本当に長かった…。

きみとぼくの壊れた世界

背景のキャラ達は、
もともと普通のイラスト用に描いたものを無理矢理はめ込んでいます。
いまいちまとまりが無いのはそのせいです。空白も中途半端ですしね。
あと、女子のスカートが原作より短いのは視覚的なバランスで。
元々似てない落書きですし、そこら辺は恣意的に改変。


りりすを描いている時、
常盤台の超電磁砲みたいだ」と思いながら描いていたのですが、
色付けたら尚更ビリビリちっくになりました。
うーん。

とりあえず箱彦がそれなりにイケメンに描けたのではないでしょうか?
改めて見ると、なんか眼鏡掛けさせたくなる髪型ですね。
生徒会長っぽくなりそう。



本当は各背景キャラのバックに
各キャラ毎の台詞を敷き詰めようかと思って何回か読み直したんですが、
結局用事を忘れて普通に読んでしまいましたね。
やっぱり黒猫さんが可愛いのは言わずもがな、
りりす夜月箱彦も可愛いですねぇ。
ある意味一番可愛くないのは様刻………?

ともあれ、待った分だけ次巻への期待度も膨れております。
病院坂迷路串中弔士はじめ次巻のキャラ達は
果たしてこれら以上の萌えを提供してくれるのでしょうか。
楽しみです。



「大事な妹。可愛い彼女。

 頼れる親友。好きな人。

 今日も世界はこんなに平和だ。

 気分がいいので、保健室に行こう。」

___

がっちの言葉戯び


<<不気味で素朴な囲われた世界 もんだい編感想 | ホームへ | 夏アニメ:神様のメモ帳>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/12-1d7b6b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)