タイトル画像

サーバント×サービス 第10話

2014.10.23(21:00) 1168

sxs op

恋愛模様が楽しくなってきた本作。
でもやっぱりルーシーと長谷部くんの初心な恋愛模様よりも、
千早さんと一宮先輩のもどかしい恋愛模様の方が好きな私はマイナーかしら。
でもホント、千早さんのあの気持ちは凄い分かるんですよね、我が事のように。
どちらかというと自分の身をつまされるのは一宮先輩の方ですけどね。
どうなるのかなー、今後とも楽しみなお二人です、はい。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。



sxs 10 (1)sxs 10 (2)sxs 10 (3)
sxs 10 (4)sxs 10 (5)sxs 10 (6)

期間が空いてしまって随分久し振りになりましたが、
今期アニメの感想を書く前にこれだけは終わらせておかないとですものね。
というわけで再開の冒頭は思わず運命を感じてしまう様な、
愛する千早さんが塔子様に一宮先輩との交際を暴露しようとお宅訪問するシーンから。
うーん、相変わらずの無表情の中に珍しく決意の雰囲気を漂わせる千早さんラブ。
sxs 10 (7)sxs 10 (8)
sxs 10 (10)sxs 10 (11)sxs 10 (12)

まぁここまで気付きもしなかった塔子様の鈍感っぷりはここでも遺憾なく発揮され、
千早さんもどう話を切り出したものか思案中、ついでに持参したケーキ類も披露。
ホールケーキまで用意したのはやりすぎ感が満載ですが、
やはり千早さんもこういう瞬間には緊張して加減が分からなくなるものなのですね。
その辺も可愛いところですが、塔子様も中々の難敵っぷり。
「塔子さん、実は私、一宮さんとお付き合いを・・・・・・」
「兄貴と千早が、どつき合いをするなんて・・・千早の方が強そうね?」
「違います」


sxs 10 (13)sxs 10 (14)sxs 10 (15)
sxs 10 (16)sxs 10 (17)sxs 10 (18)
sxs 10 (19)sxs 10 (20)sxs 10 (21)

塔子様の太ももが眩しい膝枕の構図。
疲れてて甘い物食べてお腹いっぱいになって、睡眠欲が押し寄せたとか何とか。
それにしても会話している途中で突然夢の国に旅立つとは、のび太くんかお前は。
それにつられる様にして、眠気が伝染したのか千早さんまでおやすみなさいして、
かなり時間が経ってから帰宅した一宮先輩は状況が掴めず、困惑。
これだけ長い時間、あのポーズで寝返りも何も打たなかったんですね、二人とも。
上品な振る舞いだこと。

sxs 10 (22)sxs 10 (23)sxs 10 (24)
sxs 10 (25)sxs 10 (26)sxs 10 (27)

塔子様が大学の過去問集を持っていた事に疑問を持つ千早さん。
三好さん曰く、以前のデートでキャンパスライフへの憧れを滲ませていたとかで、
塔子様の本当に行きたい進路について思いを巡らせる千早さんですが、
そんな事よりも一宮先輩と付き合っていることを三好さんに知られていた事に驚き。
良く気付きましたね、表面上は全くそんな雰囲気は出してなかった筈ですが。
例の資料室での曰くありげな空気くらいかしら、ヒントって。
ちょっと見直しました。

sxs 10 (28)sxs 10 (29)sxs 10 (30)
sxs 10 (37)sxs 10 (38)sxs 10 (39)

ここはここで割と絡みますね、最初の時点で立ち消えたと思っていた、
”三好さん×田中孫”のカップリングがまさかの再燃か。
第一印象が最悪な相手と最終的に結ばれるのってよくあるパターンですしね。
まぁでも、田中孫が三好さんに靡く可能性が1ミクロンも想像出来ない。
三好さんは三好さんで、今現在、恋愛事に興味があるのかすら分かりませんし。
取り敢えず懲りない田中孫の思考回路に思わず毒吐きな三好さん。
これが母性本能発揮からの庇護欲からの恋愛発展への、きっかけになるのか否か。

sxs 10 (31)sxs 10 (32)sxs 10 (33)
sxs 10 (34)sxs 10 (35)sxs 10 (36)

一方、思う通りに物事が進まない千早さんはアンニュイな表情。
ふと視線を上げると一宮兄妹が仲良く口論をしている光景が視界に入り、
余計に憂鬱なテンションになって思わず課長にストンピングをかますレベル。
そんな鬱屈した様子の千早さんに、訳も分からず適当なアドバイスをするルーシー。
たまには我が儘も良い、とか助言された千早さん、はてさて何をするのやら。

sxs 10 (40)sxs 10 (41)sxs 10 (42)
sxs 10 (43)sxs 10 (44)sxs 10 (45)

区役所の壁面にかかっている標語が納税関係ばかりなのはどういう事なのでしょう。
みつば区ってそんなに区民税の納税率が低いんでしょうか、気になる。
ともあれ、花音でしたっけ、塔子様の友達の、課長の娘さんが来所して、
塔子様の用事が終わるまで区役所内をうろついて、公務員の色々な生態に直面します。
千早さん、コスプレ戦隊を勢揃いさせる事、忘れてなかったんですね。
確かに数えてみると女性は5名、いや長谷部姉で6名か。
作風的にそんな感覚は全然しませんが、意外と本作って男女比偏ってるんだなぁ。

sxs 10 (46)sxs 10 (47)sxs 10 (48)
sxs 10 (49)sxs 10 (50)sxs 10 (51)
sxs 10 (52)sxs 10 (53)sxs 10 (54)

そういえば塔子様には兄の上司である課長がぬいぐるみだって事は秘密でしたね。
花音が区役所に来ている事を聞き及んだ課長が探しに向かい、
運悪く塔子様と行き会ってぬいぐるみのフリをして危機回避。
一度帰ったものの忘れ物を取りに戻ってきた塔子様に会話している様子を見られますが、
当然ながら”ぬいぐるみ=課長”という発想には至らず、
公務員達がぬいぐるみに話しかけているというシュールな光景に見えてどん引きしただけ。
駄目押しに一宮先輩までが話しかける様を目にして、軽くノイローゼ状態に陥ります。
まぁ、寧ろこっちが普通の反応。

sxs 10 (55)sxs 10 (56)sxs 10 (57)
sxs 10 (58)sxs 10 (59)sxs 10 (60)
sxs 10 (61)sxs 10 (62)sxs 10 (63)

自分が保健福祉課に足繁く通っているせいで職員にストレスが溜まり、
頭がおかしくなってぬいぐるみと会話するようになったと思い詰める塔子様は号泣。
花音も一宮先輩も真実を告げるわけにもいか戸惑うばかりでしたが、
最終的には誤解が解けたというか、真実を知ってしまって一気に感情値が反転。
何にせよ無事に元気を取り戻してくれた様で良かったですね。
若干尾を引きそうですが、思ったよりは普通の怒り方だったので一安心。


今週はまぁ、振り返ると一番のハイライトは塔子様の太ももと、
”三好さん×田中孫”のフラグっぽい絡みでしたか、
あの流れから何故か食事デートの約束もしたみたいですし。
千早さんと一宮先輩と塔子様の妙なトライアングル共々、三好さんもようやく出番が・・・。
お陰様で今回長谷部くんとルーシーの出番が殆ど無かったですけどね。
その分次は何か進展があるかしら。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<サーバント×サービス 第11話 | ホームへ | MH4G 8:モンハン、仲間が増えました>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1168-e3a1a3fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)