タイトル画像

サーバント×サービス 第8話

2014.09.22(21:00) 1162

sxs op

そろそろルーシーと長谷部くんの恋愛模様が動き出さないと、
気がつけばもう全体の3分の2が過ぎようとしていますしね。
千早さんと一宮先輩の関係性も後2~3エピソードくらいはありそうですし、
三好さんのお話、田中孫と長谷部くんのお話も考えると今が少してこ入れの時期。
長谷部くんのイケメンな部分も最近なりを潜めていますし、久し振りに惚れ直させておくれ。

それでは宜しければ続きからご覧ください。



sxs8 (1)sxs8 (2)sxs8 (3)
sxs8 (4)sxs8 (5)sxs8 (6)
sxs8 (7)sxs8 (8)sxs8 (9)

最近、役所内で“山神ルーシー”という呼び方が定着してきたルーシー。
変に弄られるよりマシですし、本人も受け入れている模様・・・でもないみたいですが、
まぁ兎に角、いつもの如く効果が出てるんだか不明な餌付け作戦を継続中。
長谷部くんの他、長谷部姉もその作戦の実行者に別件として参加しているみたいで、
ルーシーは相変わらず無自覚の愛されキャラを地で行っているご様子。
愛玩動物みたいな扱いですけども。
そして相変わらず田中孫の長谷部愛は重い。

sxs8 (10)sxs8 (11)sxs8 (12)
sxs8 (13)sxs8 (14)sxs8 (15)

田中孫と長谷部くんとルーシーの、歪な三角形は何処へ向かうのやら。
まぁ兎に角、夕食デートしながら、の語らいの中で、長谷部くんお外食中心生活に言及、
ルーシーはルーシーで苦学生みたいな食生活でお金を切り詰めているらしく、
どっちもどっちで栄養バランス最悪の食生活というお似合いっぷり。
長谷部くんの場合は自分一人の為に作るのが虚しいだけでスキルはあるみたいだし、
結婚したら長谷部くんが主夫化しそうですねぇ、このカップル。

sxs8 (16)sxs8 (17)sxs8 (18)
sxs8 (19)sxs8 (20)sxs8 (21)

で、前回アレほど失敗したのに、長谷部くんに言いくるめられて再度の飲酒ルーシー。
お酒の勢いもあってか、普段よりも回る舌でプライベートな内容を割と答えてくれてます。
長谷部くんの提案した改名というのは悪くないアイディアだと思いますけど、
復讐の象徴であり、一応親から貰った名前でもあるソレを変えるのには抵抗があるとか。

ついでに復讐が終わって当面の懸案事項が解消されたら付き合おうと、
酔っている隙を狙って再びアプローチする長谷部くんですが、
嘘偽りない本心から恋愛感情皆無の現状を伝えられて心にダメージを負う始末。
「俺のこと好き?」と訊いて「うーん、普通」と言われる辛さ、あるあるよね。
まぁルーシー曰く、名前のせいで異性と付き合う状況が想像出来ないとか何とか。

sxs8 (22)sxs8 (23)sxs8 (24)
sxs8 (25)sxs8 (26)sxs8 (27)

後日、ルーシーが一人で出てくるのを待ち構えていたのか、
通報されてもおかしくないレベルの行動を取る田中孫は、
手ぶらなのできっと仕事中に抜け出してきたんでしょうね、忙しそうな時間に強者過ぎる。
関わり合いになりたくないから逃げようとするルーシーの判断は正しかったですが、
思い込んだら試練の道を、田中孫にあっさり捕獲されて強制夕食デートに連行オーライ。
三好さんが誘拐現場を確認していたので、後で長谷部くんが飛んできそう。
修羅場だ修羅場。

sxs8 (28)sxs8 (29)sxs8 (30)
sxs8 (31)sxs8 (32)sxs8 (33)

きっと自分が変な事をしている自覚は微塵もないんでしょうね、田中孫。
ぎくしゃくとした会話が進行する中、田中孫も自分の下の名前にトラウマホルダーだと判明し、
微妙に親近感が湧くかと思いきや激昂っぷりに怯えて益々距離が遠のく悲しさ。
一刻も早くこの場から逃げ出す為、ルーシーは何故か相手を酔い潰す事を決意しますが、
その思考回路も謎ならば、何故既にワインが注文済みなのかも謎。
ていうかワインの名前、かたなしくん・・・・・・。

sxs8 (34)sxs8 (35)sxs8 (36)
sxs8 (37)sxs8 (38)sxs8 (39)
sxs8 (40)sxs8 (41)sxs8 (42)

が、残念ながら物凄い酒豪であらせられる田中孫はいくら飲んでも顔色一つ変わらず、
それでも興が乗ってきたのか徐に語り始める長谷部くんとの甘い思い出。
ではなく、何やら面倒くさいカップルのお悩み相談みたいになってきました。
昔、負けが込んでいた頃に思わず口にしてしまった長谷部くんへのタブー、
それを未だに気に病んでいて何とか長谷部くんに償いたいと思い悩む22歳男子。
うむ、想像以上に愛が重い。

sxs 8-2 (1)sxs 8-2 (2)sxs 8-2 (3)
sxs 8-2 (4)sxs 8-2 (5)sxs 8-2 (6)
sxs 8-2 (7)sxs 8-2 (8)sxs 8-2 (9)

「長谷部は、挫折や負けを知らないのがコンプレックスなんです。
 あの日の詫びに、俺はあいつに勝たねばならない。
 長谷部が口説いている女性を俺が奪えば、長谷部に勝てる。
 ということで、特に好きでは無いですが付き合って下さい」

本当に歪な三角関係になってきましたね、友情の素晴らしさと重さを思い知る作品。
凄いですね、本当に田中孫の世界には長谷部くんと家族とそれ以外の、
3種類の分類しか人間が存在していないかのような迷いのない行動原理。
まぁ遅ればせながらようやく到着した長谷部くんの鉄槌が脳天に炸裂して、
状況は女性へのセクハラ脅迫から男同士の挽歌へと移行しましたが。
長谷部くんの容赦ない拳がクリーンヒット。

sxs 8-2 (10)sxs 8-2 (11)sxs 8-2 (12)
sxs 8-2 (13)sxs 8-2 (14)sxs 8-2 (15)

ストーカーから逃げる為に最初の大学中退(?)して行方をくらまし、
別の大学に編入する徹底っぷりでようやく逃げられたのに、
まさかこんな偶然で再会するとか、運命の赤い糸は残酷。
更には色々と予想外の展開で精神的に疲労のピークを迎えている長谷部くんに、
不器用ながら理解を示し、肯定しようとするルーシー。
その健気な姿に胸をビビッドオペレーションされたのか、ガチ惚れ長谷部くん降臨。
これだから天然ちゃんは恐ろしいのよ。

sxs 8-2 (16)sxs 8-2 (17)sxs 8-2 (18)
sxs 8-2 (19)sxs 8-2 (20)sxs 8-2 (21)
sxs 8-2 (22)sxs 8-2 (23)sxs 8-2 (24)

「あのゲス野郎に何かされませんでしたか!?」
流石に可哀想になってくる、三好さんの中での田中孫の株式価格急下落。
それはそれとして、昨日のアレが余程衝撃的過ぎて頭の中が書き換えられたのか、
常と違って最低限の自分の仕事すらおぼつかないくらいになってる長谷部くん。
もしかして人生22年生きてきて、本気の恋はこれが初めてなんでしょうかね、
勉強が手に付かない程度なら兎も角、仕事が手に付かないとか割と深刻。

sxs 8-2 (25)sxs 8-2 (26)sxs 8-2 (27)
sxs 8-2 (28)sxs 8-2 (29)sxs 8-2 (30)
sxs 8-2 (33)sxs 8-2 (34)sxs 8-2 (36)

かと思えば鼻歌まで歌って上機嫌に仕事に取りかかる不気味な長谷部くん。
その姿に一宮先輩は心配で心配で堪らない様子ですが、
周囲の人には共感して貰えないらしく、若干一宮先輩の方が不審者扱い。
まぁそれはそれとして、何かが吹っ切れたのか、素直になったらしい長谷部くん。
色々と助けて貰っているお礼に何でもすると言うルーシーにデートを命じます。
しかも衣装でスカート穿きを指定した結果、衣装担当で千早さんも協力。
ようやくここまで来たか。



ルーシーの前では余裕綽々の態度をとり続けている癖に、
裏では物凄い恋する悩める男子している長谷部くんの姿に女性陣はメロメロですね。
現実世界の周囲の女性陣が長谷部くんを褒め称えるのが本当に理解出来てきました。
デートは2ヶ月後となりましたから、次回にはまだ本番当日にはならないのかな。
ちょっと間が空くのかもですが、楽しみですねー。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<ドラクエⅩ 6日目 | ホームへ | 絶対絶望少女 プロローグ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1162-ab8ca9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)