タイトル画像

ドラクエⅩ 6日目

2014.09.23(21:00) 1159

DQ10

そういえば昨日、9月24日で無料期間20日分が終了したので、
久し振りにクリスタをチャージして利用期間を30日延長しておきました。
一体いつまでプレイするかは分かりませんが、
これならレベル上げ作業しながら他のゲームも出来ますし、意外と長持ちするかもですね。
そういう意味では良いMMORPGなのかもしれません。
マクロ組んでの自動レベル上げ作業も出来るんでしょうが、はてさて。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


DQ7 (1)DQ7 (2)DQ7 (3)
DQ7 (4)DQ7 (5)DQ7 (6)

現状のレベルだとスイの塔周辺の雑魚相手に連戦するだけで辛い感じなので、
もう少し自分を鍛える為に湿原地帯に広く群生しているカニや昆虫を相手にレベリング。
自分のレベルが20を越えたので、それに合わせたサポート仲間を雇ってから、
黙々と目に見える物全てを傷つけて回ります。
格下相手だと効率が悪いのかも知れませんが、昔プレイしていたゲームのせいで、
特に抵抗感無く格下虐めを繰り返す悪魔の群れ。

DQ7 (7)DQ7 (8)
DQ7 (9)
DQ7 (10)DQ7 (11)DQ7 (12)
DQ7 (13)DQ7 (14)DQ7 (15)

ちなみに友達から序盤の金策について、使い込み度で装備品を結晶に変換して売るのと、
エルトナスイセンという道端のキラキラ採取アイテムを売るのがいいと言われたので、
それらの準備もレベル上げと並行して行って、合間合間にグレン城下町へ。
各大陸毎に旅人バザーは独立して居るみたいですが、
伝統と信頼のオーグリード大陸バザーが一番活気があるとか何とか。
これこそ、にわか者には分からない感覚だなぁ、というか何故大陸別にしてるのか謎。
出品するとほんの数秒で出した物全部が売れていく様は快感ですね、市場が賑わってます。

DQ7 (16)DQ7 (17)
DQ7 (18)DQ7 (19)

一方で、ルーラストーンを早めに増やしておくと、
一番面倒なマップ移動が非常に楽になるとのことで、教えて貰ったクエストに挑戦。
グレン城下町を東に出てすぐの所にいる、さまようよろいの上位版みたいな敵を倒すのですが、
これがまた、レベル20程度では全然歯が立たない強さで命からがら逃げ出しました。
やはり格上の相手は、当然ですが厳しいですね。
もっとゲームに慣れてくれば工夫次第でやれるのかもですが、今の私には無理な話。

DQ7 (20)DQ7 (23)
DQ7 (21)DQ7 (22)

で、久し振りの港町アズランに逃げ帰って、傷心を慰める為に郵便屋さん。
バザーに出品を始めるとすぐにポストが満杯になって不便この上ないですね。
こうしてこまめに覗いて受け取らないとすぐに怒られちゃう。
手紙はバザーの落札通知が殆どですが、たまにサブクエストのお誘いも。
中々面白いものですね、フレンドとの文通もここを経由して行うのかしら。

DQ7 (24)DQ7 (25)
DQ7 (26)DQ7 (27)

娯楽島ラッカランはカジノやちいさなメダル交換所など、
「ドラクエ」お馴染みの娯楽関係要素が詰め込まれたパラダイス。
ここに突然何をしにきたかというとメダル交換品にルーラストーンがあるらしく、
その為にまずはメダル交換解放サブクエストをクリアしにきたという格好。
こちらは戦闘も無く単なるお使いクエストなので安心してうろうろ出来ます。

DQ7 (28)DQ7 (29)DQ7 (30)
DQ7 (31)DQ7 (32)
DQ7 (33)DQ7 (34)
DQ7 (35)

で、目的の場所に旅立つ前に、丁度通り道の街にてKさんから呼び出されたので、
パーティー組んで街中サーバー移動を初体験する事に。
凄いな、こんな事出来るんだ、このゲーム。
で、合流して何の用事かと思ったら、大先輩からのウェルカムキャンペーンという事で、
10万円を無償で貰いました、いやっふううううううううううううううううううううううううううう!
装備品を調えるのにも割と苦労するお財布事情なので、これは非常に助かります。
持つべきものは優しい先輩ですね、うふん。
にしてもKさんのドワーフ、慣れてくると可愛いですよね、ちょっと羨ましい。

DQ7 (36)DQ7 (37)DQ7 (38)
DQ7 (39)DQ7 (40)DQ7 (41)
DQ7 (52)DQ7 (53)

で、、Kさんと暫くお喋りしてからお別れして、メダル解放サブクエストの目的地へ。
こちらには何故か松さんが先回りして待っててくれてました、最初同名の別人かと。
松さんにブーブー言われながら無駄に長いNPCの話を聞き終わり、
再びラッカランに舞い戻ってクエストクリア。
それにしても、パーティーメンバーのルーラストーンも使えるって便利だな。

DQ7 (42)DQ7 (43)
DQ7 (44)

ちなみにルーラはテレポとは違うので、室内で使うと天井に頭をぶつけます。
ダメージ食らわないのがせめてもの救いというか、
寧ろ落下ダメージ以前に天井に衝突した衝撃で頸椎損傷してもおかしくないレベル。
そういえば普段のお散歩でどれだけ高いところから落ちてもダメージないですしね。
その辺りがかなりマイルドで遊びやすくも物足りない印象を覚えるのは私だけかしら。

DQ7 (45)DQ7 (46)DQ7 (47)
DQ7 (48)DQ7 (49)DQ7 (50)

折角なので、パーティーを組んでいる内に虎の威を借りて仇敵退治。
前回は這々の体で逃げ帰るのが精一杯でしたが、今回は様相が一転。
噂に名高いタイガークロー2発であっさり敵は轟沈し、
全く何もせずにルーラストーンをゲット出来てしまいました。
現地への移動中もオートランで自動追尾させてましたしね。
持つべきものは心強い友です、うんうん。

DQ7 (56)DQ7 (57)DQ7 (58)
DQ7 (60)DQ7 (62)DQ7 (63)
DQ7 (65)DQ7 (66)

さて、寄り道して裏方周りが充実したところで、長いこと放置していましたが、
レベルも良い具合に27くらいまで上がりましたので、
いよいよスイの塔に挑戦です、本当は28まで上げて装備を一新したかったですが、
人生にはタイミングというものがありますからね。
例の如くカムシカの心温まる忠節心を見せ付けられて、
何故か一緒に行かずに独断専行するフウラを見送ってから我が姫君も続きます。

DQ7 (67)DQ7 (68)
DQ7 (69)DQ7 (70)DQ7 (71)
DQ7 (72)DQ7 (73)DQ7 (74)

塔内はレベリングに効率が良い場所なのか単純に3DS開始組で溢れているだけなのか、
行く先行く先に他のプレイヤー達がいて、何だかダンジョンというよりは街中の雰囲気。
敵がある程度フロア毎に密集しているから、確かに経験値効率的にはいいのかな、
ともあれこちらはレベル上げじゃなくて単純に攻略に来ているので、
雑魚敵との交戦は程ほどに、最上階目指して駆け上がります。

DQ7 (75)DQ7 (76)DQ7 (77)
DQ7 (78)DQ7 (79)DQ7 (80)
DQ7 (81)DQ7 (82)DQ7 (83)
DQ7 (84)
DQ7 (85)DQ7 (86)
DQ7 (87)DQ7 (88)

で、最上階ではキモ可愛くて乙女思考な塔の番人との対決。
予想通りのボス戦なのはいいんですが、これが想像以上に強いという。
何となれば、我が姫君のウィングブロウ(パイシオン済み)が殆どダメージ通らず、
結局サポート仲間のばくれつけん無双で終了するという悲しい戦いに。
まだここにくるにはレベルが低すぎたのかしら、それともこういうものなのか。
兎に角世の中の世知辛さを味わいました。

DQ7 (89)DQ7 (90)DQ7 (91)
DQ7 (92)DQ7 (93)
DQ7 (94)DQ7 (95)DQ7 (96)
DQ7 (97)DQ7 (98)DQ7 (99)

戦闘後は無事に交渉成立して大事な人形と引き替えに宝具を入手。
守れって言われてたものをあっさり売り渡して大丈夫なのか、あのケダモノ、
後で上の人から粛正されてそうで怖いですが、愛に生きて愛に死ぬなら本望なのかな。
とても空を飛べる容姿ではなかったので窓から飛び降りて、
落下ダメージがないことを逆手に取った脱出路とは恐れ入ります。
ていうか私もそこから地上に帰してくれ。

DQ7 (100)DQ7 (101)DQ7 (102)
DQ7 (103)DQ7 (104)
DQ7 (105)DQ7 (106)DQ7 (107)
DQ7 (108)DQ7 (109)
DQ7 (110)DQ7 (111)DQ7 (112)
DQ7 (113)DQ7 (114)DQ7 (115)

風の都アズランに新しい風乗りが誕生した瞬間。
儀式の祝詞を途中でど忘れしてフウラが言葉に詰まった時、
後ろで全身全霊でエールを送っている親父殿の姿に愛を感じて涙。
ともあれ、これでアズランでのメインクエストは無事にコンプリート、
初めてのキーエンブレムも獲得して、晴れやかな気持ちで次の街を目指します。



こういう形で、各街で合計6個のキーエンブレムを集めるのがメインストーリーの流れ。
単純計算だとアズランでの珍道中を後5回繰り返せばラスボスと戦える感じなのかな。
長いような短いような、でもまぁメインばかりじゃなくてサブイベントとかレベル上げとか、
色々しながらだとまだまだかなりの時間がかかるんでしょうねぇ。
ゆっくりやりましょう、ゆっくりと。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<落書き:猿美の2 | ホームへ | サーバント×サービス 第8話>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1159-af41e8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)