タイトル画像

俺の屍を越えていけ2 4日目

2014.08.11(21:00) 1110

俺屍1-0

4日目は初めてのグローバリゼーション、
これからの「俺屍」はインターナショナルな方向に進むみたいです。
こういう形でプレイヤー同士の交流を持ってくるとは、中々。
元々氏神のやり取りとかはありましたけどね、面白いなぁと素直に思います。
だから冒頭で骸骨が沢山あったんだなぁと今更ながら理解したり。
皆で力を合わせて晴明打倒、えいえいおー。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。


おれしか14 (3)
おれしか14 (6)おれしか14 (7)
おれしか14 (9)おれしか14 (10)おれしか14 (11)
おれしか14 (12)おれしか14 (13)
おれしか14 (14)おれしか14 (19)おれしか14 (20)
おれしか14 (21)おれしか14 (22)

まぁどちらかを選ぶと言えば、当然奉納試合ですよね。
折角の初挑戦、試してみたくなるのが人情というものです。
メンバーは前回、“百鬼祭り”を戦い抜いた面々がそのまま出陣、
豪華賞品という名の売却専用っぽい宝物を求めて、いざ尋常に他家との戦いに挑みます。
基本的には殴りつけるよりも全体範囲の術でゴリ押ししていった方が効率的らしく、
全員でひたすら術連打という面白みのない戦いを続ける我が一族。
敵方の、まだウチにはいない職業のキャラモデルを眺めるのが楽しいです。

おれしか14 (23)おれしか14 (26)
おれしか14 (28)おれしか14 (32)おれしか14 (33)
おれしか14 (35)おれしか14 (36)
おれしか14 (38)おれしか14 (39)おれしか14 (40)
おれしか14 (43)
おれしか14 (44)おれしか14 (45)

敵の大将を倒したら“技あり”、全滅に追い込んだら“一本”だったかな。
腕試しというか、本当にお試し感覚で挑戦してみたら普通に優勝しました。
やはり序盤なだけあって、敵方もかなりやる気が無かった模様。
経験値や奉納点が稼げないのは寂しいですが、宝物をゲットして気持ち的には満足至極。
出来れば毎回優勝していきたいですが、まぁ多分無理よね、前作でも無理だった記憶。
ともあれ優勝おめでとう、我が子らよ。

おれしか14 (46)
おれしか14 (47)おれしか14 (48)おれしか14 (49)
おれしか14 (50)おれしか14 (52)
おれしか14 (53)

来月は“百鬼祭り”という事で、今月から行ってこいと言わんばかりの表示の5月。
前月の祭りの来場人数まで報告してくれるとは、一体誰が何の為に数えてるんだか。
というか500人ちょっとって、祭りの規模からしたら大分少ない気がするんですが、
もしかして練国は相当人口が少ないんでしょうかね、心配。
それはさておき、早く“百鬼祭り”現地へ飛べと言う全ての声を無視して交神します。
来月、ぶっつけ本番で行くのも面白いよね。
ていうか天竺姉妹って誰が相手してくれるんしょうね、まさかの4Pかしら。

おれしか14 (54)
おれしか14 (55)おれしか14 (56)
おれしか14 (58)
おれしか14 (60)おれしか14 (62)おれしか14 (63)

予告通り“百鬼祭り”開催の6月。
流石にこれを無視するわけにはいかないので、準備を済ませてから大人しく遠征。
この“遠征”というのは、要するに他のプレイヤーとの交流モードらしいのかな。
とはいえまだ一度もPSvitaをネット接続していないので、
これは予めオフライン用に用意された他国なんでしょうねぇ。
色々と説明を受けておりますが、何となく理解している様な、していない様な。
“養子”“結魂”“傭兵”“交流試合”など、覚えることが一杯。

おれしか14 (65)おれしか14 (66)
おれしか14 (67)おれしか14 (68)おれしか14 (69)
おれしか14 (71)おれしか14 (72)おれしか14 (73)

折角なので“養子”から2人程獲得してまいりました。
ここであくまで候補を選定しておくだけで、実際に迎えるかどうかは帰国してからとの事。
取り敢えずウチにはいない職業という事で、拳法家の今朝丸と薙刀士の季瀬を確保。
二人とも生後半年くらいなので、色々と働いてくれそうです。
この子達が子供を産んだら、親の職業とか選べるようになってるのかしら。
ついでに街では所属する職業に合わせた武器が売られています。
ここは拳法・薙刀・大筒ですかね、まだ流石に先物買いする必要もないのでスルー。

おれしか14 (74)おれしか14 (75)
おれしか14 (76)おれしか14 (77)
おれしか14 (78)おれしか14 (79)おれしか14 (81)
おれしか14 (83)おれしか14 (84)
おれしか14 (85)おれしか14 (86)

さて、思いの外はしゃいでしまいましたが、元々の目的はこの「天衝くだん」の“百鬼祭り”。
黄川人は場所の由来説明もせずに晴明の事を懸念していますが、
こちらとしては晴明の事なんかよりもダンジョンの方が懸案事項。
初見のダンジョンで都合良くボスまで辿り着けるとは思っていませんが、
あわよくば、を狙いつつ螺旋状の外郭道路を駆け上がっていきます。
内部に侵入してショートカットをはかったりと、中々入り組んだ内部構造が不安。

おれしか14 (89)おれしか14 (90)
おれしか14 (91)
おれしか14 (92)おれしか14 (93)おれしか14 (97)
おれしか14 (98)

ダンジョンの割と浅いところに鎮座する、荒神様。
昼子姉さんの依頼で喧嘩を売ってきたので返り討ちにしてやりましたが、
いやはや、ここでもやつぱり術中心の戦術構成。
物理攻撃、こんなに弱いのは何故なんでしょう、武器もレベルも力不足なのかしら。
地味に回復しながら火炎系単体攻撃術の赤玉を叩き込むお仕事ですが、
次男の弓使いの攻撃だけはまともに通るのがまだしも救い。
ちなみにこの次男坊、中の人は櫻井さんだったりしてイケメンです。

おれしか14 (99)
おれしか14 (100)おれしか14 (101)
おれしか14 (102)
おれしか14 (103)おれしか14 (104)おれしか14 (105)
おれしか14 (107)

そういえば気付かぬ内にコーちんの毛色も元の茶色に戻っていますね。
うーん、どちらかというと白の方が可愛い、かな。
この7月は新しく三男坊の子供がやってきて、これで現状の最大人数6人に到達。
ていうか6人だけっていくら何でも少な過ぎると思うんですが、はて。
晴明からご丁寧に矢文で、1年後の“百鬼祭り”への招待状も届き、次の目標も決定。

おれしか14 (108)おれしか14 (110)おれしか14 (111)
おれしか14 (115)
おれしか14 (117)おれしか14 (118)
おれしか14 (119)おれしか14 (121)
おれしか14 (122)
おれしか14 (123)

折角候補選定を済ませてきたのに、最大人数の為に養子縁組などは行えず。
当主は何もしてないのに健康度が下がり始めたし、身体に妙なアザが浮き出てるし、
そろそろ寿命が近いのでしょうかね、自宅待機で後進の育成を任せます。
代わりに出撃隊には次男坊の息子を起用して、「ねうねう亭」に出陣。
“歓喜ノ舞”とかいうファンキーなエレファントのエレメンタルアタックに苦しめられましたが、
初陣の白澤も何とか倒れずに無事に天上世界へ叩き返して候。
ついでに鍵の1つも獲得して、着実にダンジョン攻略度を上げております。

おれしか14 (124)
おれしか14 (125)おれしか14 (126)おれしか14 (127)
おれしか14 (129)おれしか14 (130)
おれしか14 (131)

暑気が激しく当主の体調が非常に気がかりな8月。
特にすべき事もなく、久し振りにコーちんの絵日記を覗いて癒やされた後は、
街に出てお決まりの投資コースに加えて武器を少しだけ新調。
“交神の儀”は当然人数の関係で出来ないんですが、文末にちくりと刺されて悲しい気分。
人数上限って、その内解放されるんですよね、きっと。
前作でも何か増築みたいなのがあった気がしますし。

おれしか14 (132)

はい、今回はここまで。
実は録画ミスで8月に何をしたのか取れてなかったんですが、
適当に「竜宮渡り」あたりのダンジョンで遊んでた気がします。
で、帰宅後。
遂に当主に寿命が訪れて、ある意味恒例の辞世の句を詠み上げてご逝去なさりました。
うん、やっぱり寂しいですね、槍使いとして様々な状況で活躍してくれた一族再興の祖。
彼の遺志を受けて、練一族はこれからも戦い続けます。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼します<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<俺の屍を越えていけ2 5日目 | ホームへ | 閑話休題:お盆のお買い物>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1110-71699255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)