タイトル画像

「健全ロボ ダイミダラー」 第7話

2014.12.26(21:00) 1070

だいみだら1 (11)

第7話です。
最終話まで走り抜ける為に、この前文部分も簡潔に済ませます。
それでは宜しければ続きからご覧下さい。



だいみだら7 (1)だいみだら7 (2)だいみだら7 (3)
だいみだら7 (6)だいみだら7 (10)だいみだら7 (11)
だいみだら7 (13)だいみだら7 (14)だいみだら7 (15)
だいみだら7 (17)だいみだら7 (18)だいみだら7 (19)

召還・登場の様式はダイターンとマジンガーの合体技みたいな感じ。
しかしてポーズは赤影とかガンバスターとかGガンダムみたいなノリですね。
孝一の二型に対して霧子のダイミダラーの通り名は六型、
仕様としては高機動型らしく、ペンギン帝国のロボットを一瞬で撃破。
それはそれとして先生の裸は素敵ね。

だいみだら7 (25)だいみだら7 (26)だいみだら7 (27)
だいみだら7 (31)だいみだら7 (32)だいみだら7 (33)
だいみだら7 (34)だいみだら7 (35)

衆人環視のもと、ラブラブチュッチュでHi-ERo粒子のまばゆい輝きが溢れだし、
孝一をも超える二人のHi-ERo粒子パワーに又吉長官は大満足。
そして全校生徒に二人の不純異性交遊が目撃された事により、
担任教師は出世の道が遠のき大絶叫。
斯様に人生は思う通りにいかないものなのですね、くわばらくわばら。
どうでもいいけど髪の毛を下した先生も悪くないですね。

だいみだら7 (38)だいみだら7 (39)だいみだら7 (41)
だいみだら7 (42)だいみだら7 (43)だいみだら7 (44)
だいみだら7 (45)だいみだら7 (46)だいみだら7 (47)
だいみだら7 (48)

戦闘後、基地に帰還してから改めて又吉長官や三博士との顔合わせ。
まだまだ前途多難な見通しながら、再始動に向けて意気上がる美容室プリンスの面々。
一方、何故かフィギュアスケートで喘ぐリッツのカットイン。
割とスタッフに愛されているが故の強引な押し売りとも取れますが、
まぁ単純にサービス提供する女性キャラが足りてないから急遽出番が与えられたのやも。
元々登場人物の数からして少な目な作品ですからね。

だいみだら7 (53)

今回のアイキャッチは当然の流れで新ヒロイン、霧子。
着エロ感を前面に押し出しているのか、それほど着崩れさせずに局所だけ公開式。
こういうスタイルの良さは理解しているので異見を申し立てるつもりはありませんが、
どうせ見せるならある程度肌色面積の増加も伴った方が個人的には好ましいです。
そのあたりは完全に個人の趣味による差異ですけどね。

だいみだら7 (49)だいみだら7 (51)だいみだら7 (52)
だいみだら7 (56)だいみだら7 (59)だいみだら7 (60)
だいみだら7 (62)だいみだら7 (64)だいみだら7 (65)

再始動したばかりで人員不足なのか、
霧子と将馬の送迎をさせられている又吉長官が哀れでなりません。
車内でイチャコラするバカップルっぷりまで見せ付けられてストレスマッハ。
ただでさえ危ない生え際が更に危機的状況に追い込まれないか心配でなりません。
まぁそれはさておき新たなペンギン帝国ロボとのバトルが開始。
孝一&恭子の時と違い、コックピットは直列ではなく並列式を採用しております。
そのあたりは基本行動が胸揉みではなくキスだから納得の範疇。

だいみだら7 (68)だいみだら7 (69)だいみだら7 (70)
だいみだら7 (71)だいみだら7 (72)だいみだら7 (74)

「将馬くんお願いします、私の身体を好きにして下さい!」
「将馬くん、私のことを滅茶滅茶にしていいですよ?」


リッツの戦闘パターンを搭載したブリザ-ドアクセル攻撃の前に劣勢を強いられ、
逆転の為に凄い台詞を真顔で言う霧子は中々に可愛い。
というかアイキャッチ前の謎のリッツのバレリーナ姿にはちゃんと意味があったんですね。
ただまぁ所詮は無人戦闘ロボット相手、本気のダイミダラーなら楽勝な筈だったんですが、
折角の霧子のお誘いが純情少年の将馬には逆効果だったか、
妙な意地を張って紳士ぶってしまい、状況は膠着。

「僕はもう、霧子ちゃんに淫らな事はしない!」
「馬鹿か貴様ぁ!」
「コイツ超メンドくせぇ………」
「頭の中に天使とビッチしかインプットされてないタイプやねぇ」

だいみだら7 (75)だいみだら7 (76)だいみだら7 (77)
だいみだら7 (78)だいみだら7 (80)だいみだら7 (81)
だいみだら7 (82)だいみだら7 (83)だいみだら7 (91)

このままだとダイミダラーが撃破されて霧子がピンチになる中で、
苦悩の末、霧子に触れずにドキドキさせる為に父親譲りの必殺技を繰り出す将馬。
恭子の父親も相当酷かったですが、将馬の父親の酷さは段違い。
その酷い父親の教えのお蔭でHi-ERo粒子発動には成功したモノの、
余りにも荒療治過ぎたのか霧子はショックで放心状態になり操縦不能。
役に立たない男です。

だいみだら7 (94)だいみだら7 (95)だいみだら7 (96)
だいみだら7 (110)だいみだら7 (108)だいみだら7 (109)
だいみだら7 (114)だいみだら7 (115)だいみだら7 (118)

操縦不能な霧子に代わりに将馬が操縦して敵性ロボを撃破する図。
ていうかファクター以外にも操縦は出来るんかい、初めて知りましたわ。
それにしても元々パイロットだった霧子は兎も角、
将馬はそんな教育・訓練どころか何も知らない素人の筈なのに、
いきなり操縦して敵を打ち倒す程の動きを見せるとはどういう事か。
ニュータイプなんですかね、それなら全て問題なくなるんですが。
魔法の言葉、ニュータイプ。
ともあれ、これから霧子&将馬の新しい戦いの幕が開きます。

ありがとうございました、次回も宜しくお願い致します。
失礼しますm(_ _)m


がっちの言葉戯び


<<「健全ロボ ダイミダラー」 第8話 | ホームへ | 「健全ロボ ダイミダラー」 第6話>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1070-812de324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)