タイトル画像

閑話休題:サンドアート展

2014.05.07(21:00) 1004

砂の祭典 (1)

ツイキャスとスカイプでの徹夜明けでお出かけしてきた先は、
地元で毎年開催されている砂の祭典。
地元って言っても県内なだけで、バスツアーで片道3時間くらいの道のりでした。
徹夜明けのお陰でバスの中ではぐっすり。
元々車にめちゃ酔うタイプなので、すぐに眠れたのは逆に良かったです。
まぁ半分くらいはその為に徹夜したようなもの。

それでは宜しければ続きからご覧下さい。
かなり手短に纏めてますが。



砂の祭典 (5)

写真も適当に撮影。
噴水も綺麗にしてありました。
和む和む。

砂の祭典 (13)砂の祭典 (12)
砂の祭典 (3)砂の祭典 (6)
砂の祭典 (7)砂の祭典 (11)

砂の彫刻は鹿児島ゆかりのテーマが一応多いのかな、
姫路城とかもありましたけど。
外国の彫刻家の方を4人程ゲスト招待して、作品を展示させるのもありました。
勿論、砂です。
普段から砂で彫刻を彫っているわけではないみたいですけど。
凄いですよねぇ、弘法筆を選ばず精神なのかしら。

砂の祭典 (4)

ご飯は一緒に行ったお姉様方が作ってくれました。
写真は丁度半分食べ終わってる感じ。
要するに写真の感じで一セット、それが一パック2セット入ってる感じで。
おにぎりは寿司飯握りっていうのかな、それに卵焼きとお漬け物。
めちゃうまでございます。

砂の祭典 (14)

そうそう、協賛各社の名前もちゃんと砂で掘られていて地味に笑いました。
文字がこれだけ綺麗に出来るって事は、それ用の機械があるんでしょうか。
それとも職人が手作業で綺麗に定規とかで当たりをつけて掘っているのか。
うーむ、何にしても凄いです。

短いですが、これで終わりになります。
あんまりこういうのを長々語るのは性に合わないもので。
二次元話はめっさ長く語れるんですけどね、その辺りは個性という便利な言葉で形容で。

ではでは、ありがとうございました<(_ _)>


がっちの言葉戯び


<<閑話休題:めっちゃ買いました | ホームへ | 閑話休題:まさかのキャスデビュー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kudamonobatake2013.blog.fc2.com/tb.php/1004-0d06251c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)